19 Aug第5回オープンキャンパス8月25日

次回のオープンキャンパスは8月25日(日曜日)に開催されます。

午前10時からです。

学科別体験授業がメインです。

・表現文化学科:表現読みで「かぐや姫」; 紋切りあそびを体験しよう
・保育科:つくってあそぼう!; クレヨンしんちゃんの行動を探ろう!

お誘い合わせのうえ、お気軽にどうぞ。お楽しみランチタイム・在学生との交流タイム(入試直前 〜茨女の入試すべて教えます!〜)などもあります。お待ちしています。

午後からはAO入試が予定されています(AO入試には予約が必要です)。

詳しくはこちらに

19 Aug小野孝尚学長先生が豊田芙雄の講演~豊田芙雄―先駆性と功績~

来たる9月20日(金)に一般社団法人茨城県経営者協会主催による同協会創立70年周年記念事業が行われる中で、「豊田芙雄―先駆性と功績」と題して小野学長による講演が行われます。

幕末と明治の時代に焦点を当て、幼児教育の開拓者・女子高等教育の先駆者として本学園ゆかりの豊田芙雄先生がとりあげられました。苦難の教育ひとすじの生涯を顧みて、その先駆性と功績について深く学びます。

郷土の偉人として豊田芙雄の社会にさきがけた「人格高き女子を造れ」の精神は、本学園では、現在も脈々と受け継がれており、これからも継承されていかなければなりません。

豊田芙雄像(水戸市内)

09 Aug教員免許状更新講習

8月8日(木)より、今年度の教員免許状更新講習がはじまりました。猛暑の中多くの受講生が早朝より来学し熱心に取り組んでいます。

本学では、幼児教育の分野を重点的に取り扱うことから、幼稚園教諭、保育教諭や保育士の方々の参加が多いようです。ぜひ学んだことを今後の実践に生かしていっていただきたいと思います。

06 Aug第59回水戸黄門まつり、見事第2位!「水戸黄門カーニバル」

8月3日(土)に実施された第59回水戸黄門まつり「水戸黄門カーニバル」で本学ダンスサークルは助さん賞(第2位)を受賞することができました。また、カーニバル終了後の「水戸黄門提灯行列」では、たくさんの沿道の方々の応援をうけながら、最大限のパフォーマンスを発揮することができました。本学の魅力を地域に発信できたと同時に、何事にも真剣に向き合うことができる学生の良さも地域にPRすることができたことでしょう。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

02 Augこども音楽療育・観察実習

保育科1年の観察実習が始まりました。


まずは、手あそびです。一生懸命な様子がうかがえます。


アイスクリームを選んでいます。


太鼓にチャレンジ!!


体操の時間です。みんな楽しそうに動いてます。


黄門囃子の歌に合わせて太鼓をたたきました。
初めての実習お疲れ様でした。

02 Aug水戸黄門カーニバルに向けて

カーニバルに向けての練習も佳境に入り、1年生、2年生が息の合ったダンスを見せてくれています。

軽トラックに貼る作品作りをするのにも力が入ります。楽しくやる気満々!

軽トラックに飾りつけが出来ました。3日の本番が楽しみです。今年も「黄門賞」をねらいます。


21 Jul行事実習・夕涼み会

7月20日(土)の夕方、保育科1年の学生が行事実習の一環として、認定こども園大成学園幼稚園の夕涼み会に参加してきました。本来ならば、短大の芝生で開催される予定でしたが天候の心配もあり、今年は幼稚園内での計画に変更されました。

園児が力を合わせてつくった風鈴やお神輿が、飾り付けられていました。学生もそれぞれ協力し合いながら、積極的に会場の準備を進めました。

学生にとっては、幼稚園の先生が太鼓を打つ練習をしている姿などを見ることで、行事にも様々な分担があるということを学ぶことができました。

本学の綿引先生から、太鼓を叩く時の姿勢についての指導などもありました。

子どもたちは、ヨーヨーやスーパーボールなど好きなコーナーに行き、楽しく遊ぶことができました。それを見守る学生も楽しそうでした。

また、2年生のゼミの学生によるお面のコーナーもあり、浴衣をきたお姉さんたちから好きなお面を渡してもらっていました。子どもたちはとてもうれしそうな表情を見せていました。

夕涼み会が終わると片付けです。幼稚園の先生方と声をかけ合い短時間で終わらせることができました。反省会では、自分たちが担当した係について話し合い、園の行事を行うためには職員が互いにアイディアを出し合い、協力して準備しなければならないことなどを学ぶことができました。行事実習を通して、一段と成長したことと思います。

19 Jul小野孝尚学長先生が茨城文学賞の審査員を委嘱されました

この度、茨城県芸術祭茨城文学賞(文芸評論)の審査員に小野学長が委嘱されました。皆さんも応募されてみてはいかがでしょうか。

◆茨城県芸術祭 茨城文学賞

▪️部門

小説・詩・短歌・俳句・文芸評論

▪️作品

平成30年9月1日から令和元年8月31日までに創作、発表された作品。小説(童話等も含む)と文芸評論(研究・随筆を含む)部門については、単行本・雑誌および原稿。詩(漢詩を除き民謡・童謡も含む)・短歌・俳句部門は単行本(私製本も含む)とする。

▪️応募方法

実行委員による推薦と、自ら応募する方法がある。応募に当たっては応募部門、作品名、作者名(住所、電話番号記入)、略歴を添えて作品を下記宛へ送付すること。

▪️応募先

〒310-0851 水戸市千波町後川745 ℡029-244-5553
茨城県芸術祭実行委員会宛

▪️応募期間

令和元年8月1日(木)~9月1日(日)

▪️発表

令和元年10月26日(土)

16 Jul水戸市保育士就職説明会

7月15日(月)、水戸市保育士就職説明会(15:55~17:30)が本学なでしこホールで行われました。本学の卒業生との交流会の意味も含め、市内の保育所(園)、認定こども園より、各園の特色(保育内容や職場環境)や保育士の仕事等についての説明がありました。参加した学生は自分の進路について考えながら質問を行うことができていました。卒業生に会うことができたこともうれしかったようです。

09 Jul1年保育科研修会

7月5日(金)、1年保育科研修会を栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行い、かたつむりグループ、かえるグループの2グループに分かれて活動しました。具体的には「スキルアップアドベンチャー」(仲間意識を高めてコミュニケーション力を高める研修)・「SUMIKA」(アスレチック)を体験したり、ASIMOショーを見学したりしました。参加した学生からは、「将来、引率した時に子どもが安全に活動できるように気をつけたい」、「コミュニケーション力を高める研修に参加して、グループの友達と助け合いながら楽しむことができた」、「インストラクターの方との出会いが嬉しかった」といった感想が出ていました。