29 Jun那珂市と包括協定を締結


握手する那珂市長海野徹氏(右)と本学園理事長(左)

本学園(茨城女子短期大学・大成女子高等学校・認定こども園大成学園幼稚園・大成学園額田保育園)は、2018年6月28日那珂市役所において「那珂市と学校法人大成学園との相互連携・協力に関する包括協定書」に調印いたしました。
短大・認定こども園・保育園の所在地である那珂市とさらに強固な連携体制を構築して参ります。

27 Junオープンキャンパス

6月24日に、本学の第4回目のオープンキャンパスを実施しました。今回のメインは体験授業です。

保育科では、「まる まる まる の ほん」の絵本の読んでから、〇シールを使ってのオリジナルの絵本作りをしました。

それぞれ個性豊かな絵本が出来上がりました。

身体を使っての授業では、ダンス教室で楽しく身体表現を行いました。

次回のオープンキャンパスは、7月22日です。お待ちしています!

 

27 Jun1年保育科研修会

保育実践演習の一環として栃木県にある「ツインリンクもてぎ」に行って来ました。

バス2台、あじさいグループとかえるグループに分かれて出発です。バスの中はちょっとした遠足気分で会話が弾み、バス酔いをする学生もなく無事会場に着くことが出来ました。

アシモショーを見た後は、アスレチック 「DOKIDOKI」に挑戦です。

綱を渡ったり、登ったり、果敢に挑戦して、グルグル滑り台で無事戻って来ました。

昼食後はメインのスキルアップアドベンチャーです。ビップルームの中で、いろいろなゲーム遊びを楽しみました。

これは、竹筒を次々に繋いでボールを運び最後に瓶の中に入れると言うゲームです。気持ちを一つにして繋いでいかないとボールは転げ落ちてしまいます。何回もやり直しをして、最後にボールがコロンと瓶の中に入った時には大歓声が起こりました。振り返りでは、コミュニケーションをとることの大切さを、カードを使いながら発表していました。

この研修会を通して、今後の大学生活に向けての意欲や期待感がもてる有意義な一日になったと思います。

06 Jun第3回 おやこひろば「ぽぽ」

天候に恵まれ、短大の芝生広場にある砂場でたっぷり遊びました。

木陰に受付を設定しました。

学生は、子どもたち一人一人の思いを受け入れながら、一緒に遊びました。

木陰では、ゆっくり工作を楽しみました。

学生や保護者の方のお膝に乗って、ふれあい遊び♪

手品も見ました。

 

次回は7月10日(火)です。水遊びの用意をしてお越しください。楽しく遊べるような天候になることを祈っています。

05 Jun子子育メッセ・ボランティア

常陸太田市総合福祉会館で開催された『子子育メッセ』のイベントに、保育科2年生の27名がボランティアで参加しました。

主催者の方々や茨城大学・茨城キリスト教大学の学生さんと協力して、準備・受付や案内等の担当部署・片付けまで責任をもって行いました。

 

子どもたちの笑顔のために力を尽くした経験は、必ず今後役に立つことでしょう。

01 Jun美術館へのおくりもの

美術館へのおくりもの

表現文化学科では近代美術館の「美術館へのおくりもの」を鑑賞してきました。E さんの感想「今回の美術館での鑑賞を通して、 寄贈によるコレクション成長のあゆみと共に寄贈に至った背景や寄贈した人のエピソードなども交えて紹介されており、様々な作品から多くの人たちのつながりを感じることができたので良かったです。」

車いす体験

また、車いすの補助を体験しました。Fさんの感想「車いすを押すことは幼少期から経験していたため、問題なく移動出来ました。車いすに乗ったことは無かったため、正直他の人に押される感覚が不安で怖かったです。」

31 Mayおやこひろば 「ぽぽ」が始まりました!

本年度のおやこひろば「ぽぽ」が、5月8日から始まりました。12月18日まで10回開催します。皆様のお越しをお待ちしております!

第1回 5月8日(火)

第2回 5月22日(火)

受付の様子

学生と一緒に、たいこを叩いて…

お天気がよかったので、中庭の芝生での活動!

みんな一緒に体操もしました!

はらぺこあおむしのパネルシアター!

次回は6月5日(火)です。芝生広場の砂場で遊びましょう!

31 Mayじゃがいもの収穫体験!

幼稚園の子どもたちと一緒に植えたじゃがいもの収穫の時がやってきました。子どもたちを迎えに行く前に、まずは畑の様子を確認……!! じゃがいもの成長の凄さにびっくりするとともに、収穫できる喜びを感じているようでした。

じゃがいも畑を歩いていると「えっ!ここにトマトがなってるよ!」と驚きの声が上がりました。じゃがいもの花が咲き終わった後にできた実を見るのが初めてだったようです。貴重な体験でした!

子どもたちも手袋をして準備OK! じゃがいも掘りを心待ちしている様子が伝わってきます。

手袋の模様を並べて、意気投合する場面も見られました。ちょっとした発見ですね!

お姉さんたちと挨拶の後、収穫の前に「じゃがいも」の手遊びをしました。

畑に入り、自分と同じ背丈くらいの茎を引くとじゃがいもが出てきました。思わずガッツポーズ!

友達の様子に刺激を受けたのか、一気に自分の所を夢中で掘り始めました。

いつしか学生も子どもと一緒に土まみれ!

収穫した「男爵・キタアカリ・とうや」を力を合わせて運び出します。ずっしりと重いケースを「よいしょ!よいしょ!」と運ぶ年長さんたちのたくましい姿は、お見事でした!

今年は、こんなに大量のじゃがいもを収穫することができました。掘りたての新じゃがは、どんなごちそうになるのでしょうね?

28 Mayスポーツフェスティバルが開催されました!

5月26日(土)、茨城女子短期大学自慢の芝生のグラウンドで、スポーツフェスティバルが盛大に開催されました。学友会、実行委員会を中心に、運営から準備までお疲れさまでした。

開会式から、各グループの持ち味が発揮されていました。

真剣勝負! こんなに力一杯の演技をしたのは久しぶり! 筋肉痛が!

最後まで盛り上がりました! グループの交流も深まり、爽やかな気分! 楽しい一日でした。

28 May観察実習に行ってきました!

1年保育科の学生が、実習前学習として観察実習に行ってきました。きちんと身なりを整え、緊張した面持ちで認定こども園大成学園幼稚園へ向かいました。

3歳・4歳・5歳のクラスの分かれて、子どもたちの遊びの様子を、まず見ることからスタートです!

4歳児のクラスでは、たこやきやさんが大盛況です! 子どもたちが工夫して作ったたこやきが本物らしく、おいしそうに販売されていました。子どもたちが生き生きと遊んでいる姿を見ながら、その様子を記録しています。

クラスによって遊ぶ内容はさまざまで、環境構成や工夫の仕方には、保育者の願いがいっぱい詰まっています。

子どものつぶやきに耳を傾けたり、やさしいまなざしを向けたりしている姿には、好感がもてました。

警察ごっこの遊びでは、学生も一緒になって声をかけ、倒れている人を助ける役で加わっていました。大事件が起きていることが伝わってきました。

遊んだ後、みんなで紙芝居を見るクラスがありました。子どもをひきつける展開の仕方なども直接見ることができました。

年長児では、元気にリズム体操を行っていました。動きに合わせて、学生も身体を動かすなどして参加しました。保育者のきびきびとした身のこなし方など大変参考になりました。

幼稚園の子どもたちが、日頃どんな遊びをしているのか? 直接、子どもたちの生活の場に参加できたことは学生にとって一番の喜びだったようです。次回の実習が楽しみですね。