12月 122016
 

11月16日(水)の普通科3年ベイシスは、ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸にて「テーブルマナー講習会」を行いました。

「コース料理を食べたことがあったけれど、順番やマナーなど分からずに食べていたので、今日学ぶことができてとてもためになりました。また、友達みんなで話しながら食べるのはとても楽しいと再認識することができました。」

「会場に入ってから食べ終わるまでにテーブルマナーのいろいろな知識をつけることができました。食べることにどんどん慣れてきて、上手に食べることができるようになることも嬉しかったです。お料理もとてもおいしく、楽しかったです。」

「今回初めてテーブルマナーを学ぶことができ、とても良い経験になりました。普段家ではお箸で食事をすることが多いので、慣れないナイフとフォークを使うのは少し難しかったです。また、食事のことだけでなく、最初のイスに座るところからマナーがあるということを聞いて驚きました。今後、もしこのような機会があれば、今日学んだことを思い出して、マナーを守って食事したいと思います。」

7月 132016
 

IMG_0176IMG_0177IMG_0174

2年生は現在、特別授業ベイシスの一環として、ユニクロがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)との協力で行っている「“届けよう服のチカラ”プロジェクト」に参加し、活動しています。着なくなった子供服を回収して、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている方々に届ける活動です。

本校生徒が、近くの小学校や幼稚園、保育園にプロジェクトへの協力呼びかけ(7月上旬)、チラシの配布と説明、回収ボックスの設置をして子供服を回収(7月上旬〜7月中旬)します。その後梱包をしてユニクロにお渡しします(7月下旬)。さらに、UNHCRを経由して服を必要としている方々に送られます。

<協力をお願いしている学校・園>
五軒小学校、五軒幼稚園、聖光学園保育部、聖母幼稚園、愛恩幼稚園、少友幼稚園、大成学園幼稚園、大成学園額田保育園

7月 042016
 

IMG_0166IMG_0160IMG_0168

6月23日の2年特別授業ベイシスは「届けよう服のチカラプロジェクト」。
ユニクロがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)との協力で行っている難民支援のプロジェクトに本校も参加します。今回は、株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ) のウゴロスカ・マグダレナさんからプロジェクトを理解するための講義を受け、子ども服を回収する準備をしました。
今後は近隣の小学校や幼稚園、保育所にもお伺いして、たくさんの子ども服を集めて届けたいと思っています。ご協力をお願いします。

「今回の授業で、世界の子どもたちがたくさんの服を必要としていることが分かりました。子どもたちが服をもらった時の、喜んでいる姿の映像を観て、私の服もだれかを笑顔にできるのかなと思い、積極的にこの活動に参加したいと思いました。」

「服のチカラには、『命を守るチカラ』『人としての尊厳を守るチカラ」があって、改めて服は大切なものだと感じました。世界中6000万人以上の難民がいて、そのうち50%は子どもだと分かり、ビックリしました。私はこのプロジェクトを通して、少しでも多くの子ども服を届けたいです。」

6月 222016
 

IMG_2095

6月18日(土)の普通科3年ベイシスは、本校看護科教諭益子八千代先生に「女性の病気」をテーマに講義をしていただきました。

「高校生だからこそ学ばなければならないことばかりで、もっと自分たちの体のことなどを知らないといけないと思いました。私は医療職を目指しているので、今日学んだことを心に刻み、ほかにも自分で調べて将来に活かしていきたいと思います。」

「今までガンや感染症は自分にはあまり関係ないと思っていたけど、今日の話を聞いて、予防をしたりきちんとした知識を得ることが大切だと思いました。特に乳がんは芸能人でもかかっている人もいるし、誰にでもなる可能性があるということを知ったので、私も将来検診に行こうと思いました。」

「今日のベイシスを受講して、年齢の若い人がかかりやすい病気も多くあることに驚きました。気をつけなければならないこともたくさんわかって、生活習慣を見直し、病気を予防したいです。また、こどもを産むことは女性にしかできない素晴らしいことだと思うので、自分の体を大切にして生活していきたいと思いました。たくさん勉強になり、とても話の内容に興味を持ちました。」

6月 082016
 

DSCN0311DSCN0315

5月28日(土)の普通科3年ベイシスは、一般社団法人茨城県銀行協会から業務部長中村信雄先生をお
招きして「社会に出て気を付けたいお金のこと」をテーマに講義をしていただきました。

「クレジットカードを利用することは借金であり、詳しいことをDVDを見て知ることができました。借金を借金で返したり、軽い気持ちでクレジットカードを使うことはやらないようにしたい思いました。」

「クレジットカードを利用したことはまだなく、今回の講義を聴くまではよくわかっていませんでした。
ですが、キャッシングや多重債務の話は今後自分がクレジットカードを利用することになった時にありえない話ではないと思いました。また、いくら計画的にクレジットカードを利用していたり、貯蓄していたりしても『不意の出費』に困ることがあることも知りました。私が社会人になってお給料をもらうことに
なったら、こつこつ貯蓄をしてお金でのトラブルを起こさないように気を付けようと思います。」

「お金を借りる仕組みやクレジットカードについてよく分からなかったけれど、とても分かりやすく知ることができてよかったです。お金を借り入れるときはきちんと先のことを考えないと、借りるときは返済できると思っていてもやがて困難になってしまうことが分かりました。借金を借金で返す多重債務に陥ってしまうことのないように、大人になってローンを組むときにはしっかり計画的に利用したいです。また、少しずつの貯蓄がとても大切だと改めて思いました。」

5月 252016
 

DSCN6334

5月11日(水)の普通科3年生ベイシスはNPO法人POSSEから鈴木由真先生をお招きして、ブラック企業や労働法について講義をしていただきました。

「今回の講義を聴いて、もしも自分の働き先がブラックバイトやブラック企業だったらと考え怖くなりました。これを機に、労働法の正しい知識を身につけ、自分の身を守るために役立てたいと思いました。友人からも、アルバイト先の品物を自腹で買わされたと聞いたことがあるので、今回の講義のことを教えてあげたいと思いました。学業に支障がないように大学生になってアルバイトをしていきたいです。」

「ブラック企業があることは知っていましたが、ブラックバイトがあることに驚きました。また、ブラック企業には大企業が多いことにも驚きました。 働いているお店の服を着なければならないとか、割った皿の代金を支払うことは当然と思っていました。まさかそれが違法の可能性があると聞き、全く知らなかったので自分で働くことが恐いと思いました。違法であることが当然のようになっていることに恐怖を感じました。」

「大学生になってからバイトはすると思うけど、バイトを探すときはたくさん調べてみたりそこでバイトをしている友人や先輩によく話を聞いて、見極めてから決めたいと思います。もしブラック企業やブラックバイトに入ってしまった時には、同じバイトをしている人のためにも相談できる勇気を持てるようにしたいです。また、ブラック企業に対する団体があることを本日初めて知りました。相談する側だけでなく、相談を受ける側にも興味を持ちました。将来についてとても大切なことを聞くことができたのではないかと思います。」

2月 042016
 

IMG_0029IMG_0033

1月30日(土)の普通科・家政科1年ベイシスは、株式会社セレクティーから畠山明先生をお招きし講義をしていただきました。
「やる気のもと」のお話だけで なく、畠山先生が代表を務める会社やそこで大事にされていることなど、グループディスカッションを交えながら広範囲にわたって講義をしていただきました。

「人は、自分だけでやる気を出すのは大変なのですが、周りの人たちが、ありのままのことを褒めてあげたり、共通する部分を見つけてあげたりしながらやる気を出してあげることが大切なのだと、今回の講義でよくわかりました。」

「自分はダメな人間だと感じていても、他人と共通する点を見つけることで親近感がわいたり、自尊感情・自己肯定感が生まれ、自分を受け入れられるということが分かりました。また、自分を隠したり他と比較したりしないで、ありのままの自分を受け入れることの大切さを知ることができました。」

2月 012016
 

IMG_0014IMG_0015IMG_0021

1月27日(水)の普通科・家政科1年のベイシスは、2月4日・5日に行われる職業体験学習「インターンシップ」の事前学習として、桑田邦子先生よりマナーについてのお話をお聞きしました。
桑田先生は航空会社の国際線でアシスタントパーサーをされていた方で、社会人としてのマナーの大切さや、求められる態度、言葉遣いについて、わかりやすく教えてくださいました。

1月 082016
 

DSCN7675DSCN7673

12月10日の普通科3年特別授業ベイシスは、株式会社アイフィールドの石原綾子先生をお招きし、美しくなるための食事法についてお話をいただきました。

肥満度は体重ではなく BMI で判断すること、バランスの良い身体をつくるには基礎代謝のアップが鍵となること、ストレスコントロールや規則正しい睡眠も大切であることなどを教えていただきました。

「授業を受けて、自分の食事制限が間違っていたことが分かりました。やせるには運動して食べなければいいとしか思っていなかったので、今、この間違いに気付けて本当に良かったです。これからは健康的に美しくやせる方法でやせていきたいです。」
「食べ物は自分の身体をつくるものであるということを常に頭において、体型に出やすいとされている20歳代になったときにきれいなスタイルをつくれているように、今から食事のバランスに気をつけていこうと思います。」

1月 072016
 

IMG_2215IMG_2226IMG_2227

12月5日の 普通科3年特別授業ベイシスは、「美しく生きる」の3回目。
鈴木麻子先生をお招きし、カラーコーディネイトの基本を教えていただきました。

さまざまな色にはメッセージ性があること、同じ色でもペールトーンとライトトーンでは受ける印象が異なること、互いの色を強調し合う補色の関係など、自分を美しく演出するためのポイントについて、わかりやすくお話をいただきました。

「色彩にはずっと興味があって、今回2時間、色彩のことを学べて本当に嬉しく楽しかったです。色が人間に与える影響力が想像を上回る強さであることに驚きました。人間と色は本当に強い力で結びついていて、色の活用次第で私たちの生活が豊かになるのだと思いました。」
「私たちの身の回りに、カラーコーディネイトやカラーセラピーの知識を利用しているものがあることを知り、驚きました。色の心理作用や光の作用を上手に使って、自分の部屋をカラーコーディネイトしたいと思いました。」