6月 052019
 

6月5日、多数のお客様のご臨席のもと、看護科3年生(16回生)の戴帽式を実施しました。 戴帽式は、一定期間看護の基礎を学んだ者が看護師になるにふさわしいと認められ、また、看護を職業として選んでいくという決意を再確認するための区切りとして行います。
41人の戴帽生は、ナイチンゲール像の灯火を分かち合った後、自分たちで考えた「戴帽生決意」を唱和し、決意を新たにしました。

5月 172019
 

5月15日(水)2〜4時間目、看護科1年生ははじめての校内実習を行いました。
緊張しながらも、一生懸命に取り組んでいました。

「一つひとつ細かい作業でもその作業を行う理由があることがわかりました。なので、ただ作業を行うだけでなく、その理由も考えながら作業することが大切だと思いました。」
「先生の説明を聞いて、頭の中では理解できているつもりでも、実際行ってみると全然体が動きませんでした。なので、繰り返し練習をしていくことが大切ということを学びました。」
「初めてのベッドメーキングは、緊張・不安でいっぱいでした。しかし、同じ班の人たちと協力して取り組むことができたので、この調子で活動していきたいと思います。」

12月 192018
 

看護科では、高校2年生の「診療と看護」の授業の中で筋肉注射、静脈注射などの注射の学習をします。
実際に医療現場で行われている器具を使用しシュミレーターに実施しました。

「初めての静脈注射実習はとても緊張しました。特に、駆血帯を巻く時や実際に針を刺入した際の緊張感がすごかったです。教科書で予習をして臨みましたが、実技はとても難しかったです。注射は、患者さんの身体に直接関わることなので、一つひとつの手順を確認しながらおこないました。」
「私は注射が上手な看護師を目指しているので、しっかり予習をして実技に臨みました。しかし実際に実習してみると、手順に戸惑ったり、患者さんへの声かけができなかったりと、とても難しく感じました。注射は、患者さんの不安や緊張を伴うことなので、先生方のアドバイスを元にしっかり復習をして、技術を向上させていきたいです。」

11月 182018
 

2年生のハワイ研修旅行。現地からの速報 photo report をお送りします。
普通科キャリア特別進学コースはホームビジット、キャリア進学コースはクアロア牧場でのアクティビティとプライベートビーチでの海水浴を楽しみました。
家政科・看護科は、終日ワイキキ班別自主研修を行いました。

11月 152018
 

2年生のハワイ研修旅行。現地からの速報 photo report をお送りします。
約7時間の空の旅を終え、無事ハワイに到着しました。
ロイヤルハワイアンショッピングセンターでのフリータイムを満喫。
明日は学校交流(家政科)と病院訪問(看護科)です。

11月 142018
 

家政科・看護科は11月14日から19日の予定で、普通科は15日から20日までの予定でハワイ研修旅行が行われます。

写真は家政科・看護科の出発の様子です。

旅行期間中、随時、写真やレポートをアップしていく予定です。どうぞお楽しみに!

11月 122018
 

11月10日、専攻科看護科2年生の集大成ともいえる、ケースレポート発表会が開催されました。
これまで実習で出会った患者さまに対して、自分が行った看護展開を客観的にまとめ分析的に評価することにより看護に対する理解を深め、今後の看護に対する考察が出来るようになることを目的として、毎年この時期に実施しています。今年は、入れ替えをしながら看護科1年生から専攻科看護科1年生に聴講してもらうことができました。
4月から準備が始まり、9月の統合実習が終了してから本格的に取り組んできました。担当教員からの個別指導を繰り返しながら、自分達の納得いくレポートになるまで毎日遅くまで学校に残って頑張りました。
発表では皆堂々と前を向いて、発表することができました。

「今回、実習での関わりを振り返りケースレポートをまとめる中で、学習を深めることや新たな発見につながることが多くありました。今回のレポートは、実際の看護研究の初期段階の一部に過ぎませんが、今までの経過や発表を経験させていただけたことを大切にし、自身の学びと共に活かすことができるようにしたいと思います。」

これが終わると、いよいよ2月の看護師国家試験です。専攻科看護科2年生、最後まで頑張り抜いてください!