9月 112019
 

9月2日(月)から7日(土)までモンゴルのウランバートルで行われた、アジアジュニア卓球選手権大会に、本校の出澤がジュニア日本代表として出場しました。
ダブルスには、エリートアカデミーの小塩選手とペアを組んで出場し、準決勝で韓国のペアに敗れはしたものの第3位、団体では、日本代表の1番手として準々決勝のインド戦にも出場して快勝したものの、出場しなかった北朝鮮との準決勝に敗れ、同じく3位という結果になりました。
シングルスでは、準決勝で中国代表の選手を破る快挙を成し遂げ、決勝では同じ日本の長崎選手と対戦しました。1月の全日本選手権では勝利した相手でしたが、今回は相手にリベンジを果たされ、残念ながら優勝することはできませんでした。
今大会では、日本代表として、アジアの大会で銀メダル1つに銅メダル2つを獲得し、大変素晴らしい結果を成し遂げることができました。これからも日本だけでなく世界で活躍できるように、努力を続けたいと思います。

公益財団法人 日本卓球協会 アジアジュニア&カデット卓球選手権大会ページ
http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/125/rptid/572/Default.aspx

9月 032019
 

8月22日(木)に水戸市民体育館で行われた、全日本選手権ジュニアの部水戸地区予選に参加しました。
シングルスには4人が出場し、1年の手澤がベスト8で敗退するも、1年の綱川、宮嶋、2年の小林千がベスト4まで勝ち上がりました。準決勝を勝ち抜いた宮嶋は、決勝戦でも苦しい場面を切り抜けて、見事優勝することができました。また、綱川が初めて地区のベスト4に入賞できたことも、嬉しい成果となりました。
9月の県大会には、予選免除の選手も含めて、7名が出場します。新チームになっても、先輩方に負けない結果を残せるように、これからも努力を続けたいと思います。

9月 022019
 

鹿児島県の鹿児島アリーナで行われた、全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(インターハイ)に出場しました。
県予選を優勝し、初出場した学校対抗では、同じ関東ブロックの群馬代表樹徳高校、山梨代表の日本航空高校を破り、大会6連覇中の王者、大阪代表の四天王寺高校と対戦しました。
試合では、シングルスで出澤と佐藤が勝利し、4番手の小林に勝敗の行方が託されました。一進一退の攻防が続き、5ゲーム目でマッチポイントを2度握るも、最後は王者の意地を見せつけられ、残念ながら、絶対王者を止めることはできませんでした。しかし、大成の必死のプレーは、会場中の視線を釘付けにし、勝利したはずの四天王寺高校の選手の目から流れる涙が、その苦しさを物語っていました。
ダブルスには、昨年に引き続き、出澤・小林組が出場しました。2回戦から試合に登場した2人は、熱戦を制して勝利を重ね、準々決勝に進出しました。準々決勝では、今年の関東大会でも敗れた、埼玉代表正智深谷高校のペアと対戦しました。残念ながらリベンジを果たすことはできませんでしたが、堂々ベスト8入賞の結果を残しました。
シングルスには、出澤、小林、3年の四倉の3人が出場しました。小林、四倉は2回戦までに惜しくも敗れましたが、優勝候補の出澤は緊迫感ある戦いを続けて、トーナメントを勝ち上がりました。準々決勝では、愛知代表桜丘高校の選手と対戦し、守備型の選手に勇気を持ってボールを打ち込みましたが、健闘むなしく試合に敗れ、ベスト8の結果になりました。
今大会は、初出場した学校対抗を始め、選手は堂々とした戦い振りを披露し、素晴らしい結果を出すことができました。しかし、今回の結果に満足することなく、さらに上を目指して努力を続け、数多くの大会で結果を残せるように、頑張っていきたいと思います。

8月 262019
 

 

8月11日(日)に、日立市の池の川さくらアリーナで行われた、日立オープンジュニア卓球大会に参加しました。
出場した6名のうち、5名が予選リーグを1位で突破し、決勝トーナメントに進みました。
決勝トーナメントでは準々決勝で1年の宮嶋を破った2年の鈴木と、1年の小沼がベスト4まで勝ち進みましたが、両者とも残念ながら準決勝で敗れました。本校の生徒が2年間優勝していた大会でしたが、今年は優勝することはできませんでした。
今回の経験や反省を活かし、全日本ジュニアのシングルス地区予選に向けて日々の練習に励みたいと思います。

7月 052019
 

6月20日(木)〜22日(土)に霞ヶ浦文化体育会館で行われた、全国高校卓球大会茨城県予選に出場しました。
学校対抗では、5月に行われた関東大会県予選で優勝し、第1シードとして大会に臨みました。トーナメント、リーグ戦とも危なげなく勝利し、決勝戦では、今回も明秀学園と対戦しました。
試合は一進一退の攻防を繰り返し、勝負の行方は5番の小林莉に託されました。小林は苦しみながらも粘り強くプレーを続け、時にはスーパープレーも飛び出しました。インターハイに出場したいという全員の思いが、チームに勝利を引き寄せ、小林は3−2で勝利を収めて、悲願であったインターハイ県予選の優勝を成し遂げることができました。
また、ダブルスでは出澤・小林莉組が優勝、シングルスでは、出澤が優勝、小林莉が3位、四倉が4位の結果を収め、個人戦でのインターハイ出場を決めました。
チームの強化開始後今まで5年間、何度も阻まれたインターハイへの学校対抗での出場を、6年目にしてついに成し遂げることができました。これまでチームを支えてくれた関係者、保護者、今まで共に戦ったOGのみなさん、応援ありがとうございました。
これからもこの結果に満足することなく、常勝チームとして活躍できるように努力を続けます。
鹿児島で行われるインターハイでも、茨城県代表として恥じないプレーができるよう、頑張りたいと思います。

6月 132019
 

5月31日(金)〜6月2日(日)まで、埼玉県の深谷市総合体育館で行われた、第69回関東高校卓球大会に参加しました。
ダブルスには出澤・小林組が出場し、1回戦で神奈川代表横浜隼人高のペアに快勝しました。続く2回戦では、第1シードの埼玉代表正智深谷高校のペアに2ゲームを先取しましたが、その後3ゲームを連取されて逆転負けをし、悔しい結果となりました。
学校対抗では、初戦で地元埼玉代表の深谷商業高校に3−0で快勝し、続く2回戦では千葉県代表の幕張総合高校と対戦しました。一進一退の攻防が続く中で、3−2で勝利を収め、3回戦へと駒を進めました。
3回戦では、第2シードの正智深谷高校と対戦し、あと一歩のところまで追い詰めましたが、力及ばず1−3で敗れ、ベスト8という結果になりました。
シングルスには3年の四倉と2年の出澤、小林の3名が出場しました。小林は初戦で敗れるも、四倉は1回戦を突破し、2回戦で正智深谷高校の選手に敗れました。
昨年度シングルスで優勝した出澤は第一シードとして危なげなく勝ち上がりましたが、準決勝で神奈川代表横浜隼人高校の選手と大接戦を演じ、あと一歩のところまで追い込まれました。苦しい試合を切り抜け、決勝まで進むと、昨年度も決勝で戦った横浜隼人高の選手に快勝し、見事シングルスで2連覇することができました。
勝たなければいけないというプレッシャーの中ではありましたが、結果を出すことができ、昨年度の覇者として、その重責を果たすことができました。
遠く埼玉まで応援に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。次は、いよいよインターハイ予選です。今までの全てをぶつけられるよう、全力で頑張ります。

5月 242019
 

5月18日(土)、19日(日)にアダストリア水戸アリーナで行われた、全国高校卓球大会水戸地区予選に参加しました。
ダブルスには3ペアが出場し、第1シードの小林千・鈴木組と1年の小沼・宮嶋組が決勝で対戦しました。決勝では、1年生ペアが勢いに乗り、先輩ペアを破って、初優勝となりました。
シングルスには7人が出場し、第1シードの1年小沼と、第2シードの2年小林千のが決勝まで勝ち進み、ダブルス決勝に出場した選手同士が、再び対戦することとなりました。シングルスでは、2年の小林千が先輩の意地を見せつけ、ダブルスでの敗戦の雪辱を晴らすこととなり、初めて地区シングルスでの優勝を収めました。また、その他にも3年の小川、1年の手澤、宮嶋が予選を突破し、シングルスでは計5人が県大会に出場することになりました。
およそ1ヶ月後に行われる県大会には、地区予選免除の選手を含めて、シングルス13名、ダブルス6ペアが出場します。
今年1番の大勝負になりますが、学校対抗での優勝を含めて、全ての種目で最高の結果を出すことができるように、今後も努力を重ねたいと思います。

5月 152019
 

5月3日(金)にアダストリア水戸アリーナで行われた、水谷隼選手とのイベントに、本校卓球部の出澤が参加しました。
当日は、水谷選手の他に、茨城県出身の吉村真晴選手と、専修大学の及川瑞基選手が出場されました。
出澤は、地元出身の全日本ジュニア王者としてゲスト出演し、吉村選手とダブルスを組んだり、水谷選手とシングルスで対戦したりとエキシビジョンマッチを行いました。メダリストである日本のトップ選手とボールを打つことができただけでなく、会場にもたくさんのお客様に来場していただき、とても良い記念になりました。
また、このような機会があったときに参加することで、小・中学生の目標とする選手になれればと思います。

5月 102019
 

4月29日(月)〜5月1日(水)に土浦市の霞ヶ浦文化体育会館で行われた、関東高校卓球大会茨城県予選に出場しました。
学校対抗の部では、決勝まで危なげなく勝ち上がり、今回も決勝戦で明秀学園と対戦しました。
決勝ではチーム一丸となって戦った結果、3−1で明秀学園を下し、平成26年度以来2度目となる、悲願の県大会優勝を成し遂げることができました。
ダブルスには6ペアが参加し、決勝リーグには、會澤・四倉組と出澤・小林莉組が進出しました。4ペアで争われる決勝リーグでは2位に出澤・小林莉組が入り関東大会進出を決めましたが、會澤・四倉組は3位で惜しくも涙を飲みました。
シングルスには14人が出場、ベスト16には3年の四倉、佐藤、島貫紗、島貫結、2年の小林莉、鈴木の5名が入り、決勝リーグを行いました。決勝リーグを勝ち上がった四倉、小林莉ら4名と、スーパーシードの出澤が順位決定戦を行なった結果、出澤がその力を遺憾なく発揮し、見事優勝を収めました。また、小林莉が3位、四倉が5位になり、合計3名が関東大会の出場権を獲得しました。
今大会では、目標であった学校対抗の部の優勝を成し遂げることができました。今月下旬に埼玉県深谷市で行われる関東大会でも、ベストを尽くして頑張ります。また、インターハイ予選で優勝するという最大の目標に向けて、今後も努力を続けたいと思います。
応援に来てくださった、保護者や関係者のみなさま、ありがとうございました。