8月 092017
 

8月5日(土)に県民文化センターで行われた公開リハーサルに参加してきました。
この公開リハーサルでは、県大会に出場する中学校や高校がそれぞれ本番と同じステージを使って練習をし、午後には各校の演奏を発表しあいました。
実際に本番と同じステージに立って演奏をすると、練習では上手くいっていたところが上手くいかなかったり、予想しない所でミスをしてしまったりと、反省点が多く見つけられるいい機会となりました。また、他の学校の演奏を聞けたことで刺激を受け、もっと練習を頑張ろうという気持ちにもなれました。
今回のこの反省を9日のコンクールに活かして、県大会ではいい結果を残し関東大会に繋げられるよう、残された3日間を大切に練習していきたいと思います。
3年 Hr 佐藤 唯衣

《公開リハーサル参加校(出演順)》
1.常陸太田市立金砂郷中学校
2.水戸市立第一中学校
3.笠間市立友部中学校
4.ひたちなか市立勝田第三中学校
5.県立水戸桜ノ牧高等学校
6.ひたちなか市立大島中学校
7.水戸市立千波中学校
8.笠間市立岩間中学校
9.東海村立東海中学校
10.大成女子高等学校

LINEで送る
Pocket

7月 272017
 

合宿2日目では、月組・雪組・金管メンバーは外のゴルフ場を有効活用し、音を遠くに飛ばす練習をしました。日頃広い練習場所が少ない中で貴重な機会でした。一人ずつ自分の音を確認し、今後の課題を改めて見つけました。今日、外で吹いた感覚を忘れずに残りの練習を頑張りたいと思います!

LINEで送る
Pocket

7月 262017
 

吹奏楽部は25日~28日まで、奥久慈にてコンクールに向けての合宿を行います。
1日目は、雪組と月組に分かれてそれぞれのコンクール曲を夜遅くまで練習しました。今回の合宿は、1年生にとっては初めての、3年生にとっては最後の合宿ということもあり、トラックの積み込みや積み降ろしの際に声掛けが多い場面も見られました。
3泊4日にかかる長期合宿ですが、音楽面はもちろん、協調性や人間性も高められるよう、多くのことを学び吸収し、コンクールでも良い結果を出せるよう精進していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

7月 192017
 

7月9日(日)に多賀中学校と合同練習を行いました!
午前中は雪組と中学生でパート練を行い、月組は多賀中学校顧問の加藤先生に合奏をして頂きました。午後は雪組と多賀中で合奏をし、最後にお互いの自由曲の発表をしました。
とても密度の濃い練習が出来た1日でした。大成も多賀中もお互いの学校からたくさんのことを学ぶことが出来たと思います。学んだことを吸収して、これからの練習やコンクールに活かしていければいいと思います。 2年 Perc. 岩間 三季

LINEで送る
Pocket

7月 182017
 

7月15日(土)水戸市芸術館広場において、吹奏楽部とダンス部が「五軒サマーナイトコンサート」に出演しました。

ダンス部は、チアダンスやHIPHOPなど4曲を披露しました。チアダンスは本校ALTによる振付で、アメリカンテイストの入った踊りとなりました。最後には肩車をしてのポーズを決めることができ、大変盛り上がりました。また、今年は8月3日に東京で行われるダンススタジアムという大会にHIPHOPで挑戦します。今回は大会メンバーで初めて舞台を踏みました。とても緊張して練習通りにいかなかった部分もありましたが、大会へ向けてさらに頑張ろうという気持ちが強くなりました。暑い中、多くの方に足を運んでいただき、感謝しています。これからも応援よろしくお願いします!

吹奏楽部は、前半では2年生が五軒小学校と合同で、「アフリカン・シンフォニー」と「風になりたい」を演奏しました。暑い中でみんな頑張ったと思います。
後半のラストで吹奏楽部全体の演奏がありました。「前前前世」「恋」をメドレーで演奏し、初めてダンス部と合同でステージを行いました。コンクール前の慌ただしい中での本番でしたが、久々に全員でのポップスの本番は貴重な機会となりました。

LINEで送る
Pocket

7月 172017
 

7月16日(日)に、岩間中・千波中合同練習をさせていただきました。今回重点的に練習したのは、今年度のコンクールの課題曲である「スケルツァンド」です。
私は千波中出身で、中学生の頃から合同練習で岩間中とも交流があったので、どちらの中学校にも親しみを感じました。また、後輩達の成長した姿を見てとても嬉しく思いました。私達も教える事を通して色々と学ぶ事ができました。
まだ暑い中での練習が続きますが、コンクールに向けて頑張っていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

7月 142017
 

7月8日(土)県民文化センターにおいて、水戸市芸術祭の一環である「青少年コンサート」に出演しました。今年から2団体エントリー出来ることになったため、雪組と月組がそれぞれに出演し、この夏にコンクールで取り組む曲を演奏しました。
今後に向けてたくさんの課題が見つかるとても良い機会でした。

LINEで送る
Pocket

7月 052017
 

第2公演では「オリンピックファンファーレ」から始まり、「アルメニアンダンスパートI」「ジェラートコンカフェ」「宝島」などを演奏しました。二回の公演ということもあり、演奏・演出ともにより力を入れて臨みました。初めての挑戦で、準備も倍になり大変なこともありましたが、精一杯やりきることができました。
涙を流してくださった方がいたり、『すごくよかったよ』『来年も来るね』などと声をかけてくださった方がいて、「音楽を通して繋がれるものがあるのだ」と再確認をすることができ、達成感がありました。笑顔と感動溢れるとても楽しい演奏会になったと感じています。
このような演奏会が開けたのも、足を運んでくださったお客様、OGの先輩方、支えてくださった全ての方々のおかげです。これからも、感謝の気持ちを忘れず、沢山の経験を乗り越え、心を込めて演奏していきます。
3年部長 Cl 岡崎 咲穂

LINEで送る
Pocket

7月 042017
 

6月24日(土)に県民文化センターにて、「第49回定期演奏会」が行われました。
今年は初めての二回公演となり、不安もたくさんありましたが無事成功させることができました。
第1公演の1部では「王宮の花火の音楽」、今年度の課題曲Ⅴの「メタモルフォーゼ〜吹奏楽のために〜」、「ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲」などを演奏しました。 第1公演ということもあり、緊張しましたが、自分たちが今まで練習してきたことを出すことができました。
2部では「YOSAKOIソーラン節」「ど演歌えきすぷれす」などを演奏しました。YOSAKOIソーラン節は2部のメインの曲だったので、たくさん練習を重ねてきました。お客様の喜んでいる姿が見れて嬉しかったです。
『動~新たなる始動、感動を創り上げるために~』のテーマにもあるように、私たちの音楽でお客様の心を動かすことができたと思います。これからはコンクールに向けて頑張っていきたいです。
3年 Cl 小林 咲喜

LINEで送る
Pocket

7月 032017
 

今回から2回の公演となった「第49回定期演奏会」の開演直前リハーサルを行いました!
公演予定の全曲を通し確認し、場面転換、司会、演出など細かく確認をしていきました。
本番に向けて緊張気味でしたが、集中力でやり切りました。気合十分です!

LINEで送る
Pocket