9月 102019
 

9月7日(土)水戸市内の中学校8校で看護科の2年生3名、3年生12名がボランティア活動を行いました。
各学校工夫を凝らした競技が行われ、生徒も先生も保護者の方も真剣に取り組んでいました。暑さもあり救護所を利用する中学生は多かったように思います。
有意義な1日を過ごすことができました。

6月 052019
 

6月5日、多数のお客様のご臨席のもと、看護科3年生(16回生)の戴帽式を実施しました。 戴帽式は、一定期間看護の基礎を学んだ者が看護師になるにふさわしいと認められ、また、看護を職業として選んでいくという決意を再確認するための区切りとして行います。
41人の戴帽生は、ナイチンゲール像の灯火を分かち合った後、自分たちで考えた「戴帽生決意」を唱和し、決意を新たにしました。

5月 202019
 

5月16日(木)に家政科2年キャリアデザインBの授業で、聖徳大学短期大学部長谷川弓子先生を講師にお招きし、講義を行いました。4種類の昆布を試飲し、産地によって味が異なることや関東、関西では昆布の使う種類が異なることなど知りました。
今回の実習では、昆布と鰹節を使い出汁をとり、とても上品で美味しかったです。日本の誇れる文化を受け継いで行きたいと思います。

5月 172019
 

5月15日(水)2〜4時間目、看護科1年生ははじめての校内実習を行いました。
緊張しながらも、一生懸命に取り組んでいました。

「一つひとつ細かい作業でもその作業を行う理由があることがわかりました。なので、ただ作業を行うだけでなく、その理由も考えながら作業することが大切だと思いました。」
「先生の説明を聞いて、頭の中では理解できているつもりでも、実際行ってみると全然体が動きませんでした。なので、繰り返し練習をしていくことが大切ということを学びました。」
「初めてのベッドメーキングは、緊張・不安でいっぱいでした。しかし、同じ班の人たちと協力して取り組むことができたので、この調子で活動していきたいと思います。」

1月 072019
 

12月21日(金)に、普通科3年キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド選択者による成果発表会が行われました。
今回の発表会は2年間の商品開発の集大成として行われたもので、茨城の「梅」「ほしいも」「ゆば」を使った3つのアイデアを発表いたしました。緊張した様子も見られましたが、コメンテーターの皆様、お世話になった事業者の皆様、メディアの方々を前に、全てのグループが堂々と自信を持って発表することができました。お忙しいところ発表会にお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。
【茨城新聞(2018.12.24)に掲載】
3つのアイデアは以下の通りです。

1.「軽梅焼」
概要:梅干しの柔らかい食感を苦手としている人をターゲットに、新たな食感を提案するアイデア。梅干しをカルメ焼きと組み合わせることで、サクサクした食感で梅干しのすっぱさを楽しめる新しいスイーツです。
協働事業者:株式会社 吉田屋 様

2.「ほしいもグラノーラ(cinnamon)」
概要:若い女性をターゲットにしたグラノーラ。ほしいもを加えることで腹持ちの良さをupさせました。ほしいも、シナモン、はちみつの組み合わせにより代謝の向上、むくみの改善などが期待できます。りんご、味噌に続く、ほしいもグラノーラの新風味です。
協働事業者:株式会社 長寿荘 様
販売時期:2018年12月21日〜2019年3月31日(手作りのため毎日限定数の販売)
販売場所:ホテルクリスタルパレス(ひたちなか市大平1丁目22−1)・キッチンモアナイア(ひたちなか市勝田中央1−1)【通販】

3.「ゆばビーフシチュー」【毎日新聞(2019.1.7)に掲載】
概要:トロッとした食感が特徴的なゆば。普段は刺身ゆばなど単体で楽しむことが多いゆばですが、トロトロに煮込んだビーフシチューと組み合わせることで、W(ダブル)トロトロを楽しめるアイデアを考えました。
協働事業者:三宝産業株式会社
販売時期:2019年1月25日〜27日(金土日の3日間各日100個限定)
販売場所:京成百貨店「第36回 漫遊いばらきの味と技展」

12月 192018
 

看護科では、高校2年生の「診療と看護」の授業の中で筋肉注射、静脈注射などの注射の学習をします。
実際に医療現場で行われている器具を使用しシュミレーターに実施しました。

「初めての静脈注射実習はとても緊張しました。特に、駆血帯を巻く時や実際に針を刺入した際の緊張感がすごかったです。教科書で予習をして臨みましたが、実技はとても難しかったです。注射は、患者さんの身体に直接関わることなので、一つひとつの手順を確認しながらおこないました。」
「私は注射が上手な看護師を目指しているので、しっかり予習をして実技に臨みました。しかし実際に実習してみると、手順に戸惑ったり、患者さんへの声かけができなかったりと、とても難しく感じました。注射は、患者さんの不安や緊張を伴うことなので、先生方のアドバイスを元にしっかり復習をして、技術を向上させていきたいです。」

12月 032018
 

11月26日(月)に、毎年保育体験でお世話になっている聖光学園保育部の園内にクリスマスの壁画を飾らせていただきました。
これは家政科3年生の課題研究「保育」選択の生徒たち5名が、3ヶ月かけて一生懸命に作成したものです。今年は布を使っての壁画にチャレンジしました。
壁画を見た子どもたちが「かわいい」「すごい」と言ってくれて、とても嬉しかったです。