1月 112019
 

11月10日、11日に小美玉市四季文化館で行われた茨城県高等学校演劇祭に出場し、長谷川裕久作「朱雀と青龍」– ダレガ アカオニヲ ナカセタノ−を上演しました。
地区大会から大幅に脚本が変更になったため、新たな台詞覚えや大道具製作に追われて大変でしたが、部員みんなで協力し、県大会ではこれまでで一番いい舞台を創り出すことができました。その結果、「優秀賞」を受賞、茨城県で上位3校に選んでいただきました。また、「舞台美術賞」もいただきました。
惜しくも関東大会への進出は逃しましたが、大成女子高校演劇部として過去最高の賞を頂けたことは私たちの誇りです。客席のお客様にも私たちの舞台を楽しんで頂けたのではないかと思います。県大会に向けて、たくさんの方々に支えていただきました。本当にありがとうございました。これからもいい舞台をつくれるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

9月 122018
 

8月24日、25日に、ひたちなか市文化会館で行われた茨城県高等学校演劇祭県央地区大会に出場し、長谷川裕久作「朱雀と青龍」- ダレガ アカオニヲ ナカセタノ - を上演しました。
今回は、演者の半分以上と裏方が1年生でしたが、夏休みの練習の成果をしっかりと発揮し、《最優秀賞》を頂くことが出来ました。多くのアドバイスや他校の演劇から、まだまだ改善すべき点が多く見つかったので、小美玉市四季文化館みの~れで11月に行われる県大会に向け、稽古に励みたいと思います。
今後とも応援宜しくお願いします。

7月 132018
 

私たちは、6月2日に県南生涯学習センターで行われた新人大会で、野菜をモチーフに恋愛を描いた「曇りのち、快晴」を上演しました。
1年生を迎えてから初めての大きな舞台でしたが、大きなミスもなく練習の成果を出し、演じきることができました。結果、「ベストプレイ賞」を取ることができました。
応援して下さった皆様、ありがとうございました。これからも日々稽古に励み、地区大会に向けて頑張って行きたいと思います。

1月 092018
 

12月16日にクリスマス公演で「偶然を語る必然」という作品を上演しました。
3年生が引退し、1,2年生だけで行う初めての公演で不安なこともありましたが、本番当日は3年生の先輩方や今までにないくらい多くの方に見に来て頂き、緊張もしましたが、練習の成果を発揮し、楽しく演技することができました。
今回の公演で沢山の温かい言葉やアドバイスをもらうことができたので、それらを生かして次の公演に向けて稽古していきたいと思います。
これからも、この新体制で頑張っていくので、今後とも応援宜しくお願いします。

12月 022016
 

%e6%9c%ac%e7%95%aa%e5%89%8d%e7%9c%8c%e5%a4%a7%e4%bc%9a%ef%bc%92%e5%a4%96%e7%b7%b4%e7%bf%92

11月19日、20日に「小美玉市四季文化会館(みの〜れ)」にて開催された茨城県高等学校演劇祭に出場しました。大成女子高校は20日が本番で、地区大会と同様の「彼女の起源」を上演しました。
私たちは県大会に臨むため、地区大会の時にアドバイスされたことを活かし、台本を大幅に改変し、役者も新たに役の構築を考えて稽古に励みました。また、演出を変えたり、大道具や衣装を新たに作ったり作り直したりなど、求める世界観をよりクオリティの高いものに部員一同で仕上げました。
大会までの時間はあまりないため、放課後毎日稽古をし、それでも足りないので休日を削って練習に取り組みました。また、気にかけてくださった外部講師の方々が私達のために時間を割いてまで指導に来てくださいました。このご好意を無駄にしないよう、私たちは皆一生懸命稽古に励みました。
2年生は、本番前日まで研修旅行というハプニングがありましたが、現地でもアドバイスなどを活かして本番に臨める体制を作りました。そして当日を迎え、今までにない大きい舞台「みの〜れ」に立ち、練習の成果を発揮させ、皆が一丸となって演じきることができました。
役者はそれぞれ役になりきり、舞台メイクや衣装で役のイメージを強調させる工夫をしました。裏方である音響・照明も役者の動くタイミングに合うよう、互いが息を合わせ、美しい演出を施しました。
この大会が3年生にとって最後の舞台となりましたが、部員全員が楽しく演じ、お客様を涙させる最高の舞台となりました!そしてなにより「彼女の起源」を2度も舞台で演じられたことがとても嬉しいです。
このたびは応援してくださった多くの皆様、本当にありがとうございました!今後とも演劇部をよろしくお願いします。

9月 052016
 

受賞後舞台楽屋

8月26日・27日に演劇祭県央地区大会に出場しました。
私たちは26日が本番で、「彼女の起源」という作品を上演しました。
本番では、今まで練習してきたことを信じて部員一同、一丸となって舞台を作り上げることができました。悔しい失敗や後悔はありましたが、特に大きなハプニングもなく最後まで全員ケガせず無事にやりきることができたので良かったです。

また、今回の大会では数年ぶりに【最優秀賞】をいただくことができました。
(最優秀賞に選ばれた2校が県大会に進めます。)

審査員の方々からいただいたアドバイスや他校の演劇から学んだことを活かし、これからもっと良い作品に仕上げて11月19日・20日に「小美玉市四季文化会館みの~れ」の舞台に立ちたいと思います。
応援して下さった沢山の方々、ありがとうございました。

7月 202016
 

7月16日に演劇部夏公演を行いました。1、2年生が中心となり、「雛とたんぽぽ」を上演しました。しかし、演者の一人が当日出演できないという事態になり、急遽代役を入れることになりました。いきなりのことで対応しきれるか最初はとても不安でしたが、みんなが稽古に一生懸命取り組んでいたので、不安も忘れ、本番ではいつも以上に力を発揮できたと思います。
1年生は初めての公演だったので、人前に出るという緊張も多かったと思いますが、最後まで楽しく、堂々とした演技をすることができました。また、お忙しい中足を運んでくださったお客様にも楽しんで頂けたことを嬉しく思います。
この公演を経験したことで、それぞれが自分の新たな課題を見つけることができました。次に向かっていくため、この時学んだことを忘れず再び稽古に励み、今後の活動につなげていきたいと思います。

3月 032016
 

2月に行われた「三年生を送る会」にて、全校生徒の前で「手紙」という作品を上演しました。
お世話になっていた先輩たちへの感謝の気持ちを込めて部員一同協力をして公演を行うことができました。普段使うことのない体育館で全校生徒の前での公演となり、役者・裏方どちらも緊張しましたが、いつも通りの私たちらしい舞台作ることで感謝を伝えることができたのではないかと思います。
当日、生徒会側との連絡ミスで公演が途中で終わってしまうというハプニングがありましたが、今回のことを通して来年に繋げることができたらと考えています。
これからも、演劇部一丸となって積極的に校内でも活動していきたいと思います。応援の程よろしくお願いします。

12月 252015
 

演劇部②ブログ

12月19日、校内公演「おかしな誘拐」は、1年生4人が演者として出演しました。
日頃の稽古では、中々台本が手放せない状態で、動きをつけるとぎこちなく、不安な場面が見られました。ですが、日々稽古を重ねるうちに、練習したことが体に染みつき、当日は大きなミスなく演じることができました。音響で少し失敗してしまった部分は反省し、次に活かそうと思います。
この公演は、演劇部にとって、2度目の公演でした。この公演が可能になったのは、たくさんの方々の支えがあってこそです。こうして当日を迎えられたこと、とてもうれしく思います。ありがとうございました。
今後の活動も精一杯取り組みますので、応援のほどよろしくお願いします。

12月 252014
 

???????????????????????????????

12月20日(土)私たち演劇部にとって初の試みとなる校内発表を行いました。
今回は、1年生を中心に「えんぴとと消しゴム、それからカッターナイフ」という作品を上演しました。
2週間という短い期間での稽古でしたが、当日は稽古の成果を発揮することができました。
たくさんのお客さんにも足を運んで頂き、たくさんの暖かいお言葉をいただきました。
本当に、いろいろな方からのご支援のもとで活動できているのだと実感しました。
この経験を活かし、今後も充実した活動をしていきたいです。