4月 172018
 

4月8日、メルパルク東京で開催された「全日本きもの装いコンテスト世界大会」において、学校対抗の部に出場し、2年連続第3位に入賞しました。
「昨年から熱心に練習に励んできました。世界大会第3位という結果を残せたことを、とても嬉しく思います。私たちと同じ高校生だけでなく、大学生や専門学生などレベルの高い学校が出場していたのでとても緊張しましたが、自分たちのペースを乱すことなく着装することが出来ました。これまで、熱心にご指導してくださった、外部講師の和田先生に良い結果をお見せすることが出来て、本当に良かったです」

12月 042017
 

C.H.E.部は、11月26日に土浦市民会館で開催された「全日本きもの装いコンテスト関東大会」において、個人の部と学校対抗の部に出場しました。
学校対抗の部では、振袖と袴の2チームで出場し、振袖のチームが世界大会への出場権を獲得しました。
「振袖の部に出場しました。練習の成果を発揮することができ、1位という結果につながったのだと思っています。世界大会では、本番で楽しめるよう、また練習を積み、さらなる自信に繋げていきたいと思います。」
「今年度は、個人の振袖の部に出場ということで、とても不安がありました。先生の熱心なご指導と、友人の支えもあり、とても良い経験をすることができました。結果は思うようにいきませんでしたが、これからも日本の文化を大切にし、着物の良さを広めていきたいです。」
「今回、学校対抗の部 袴のチームとして出場し、貴重な体験をすることができました。練習から本番まで、3人で息を合せて着装することが、とても楽しかったです。表彰台は逃しましたが、とても良い経験になりました。」

10月 192016
 

aghgfjhjbjdbjdja-2

10月10日(月)に行われた第11回笠間いなり寿司コンテストにおいて、家政科2年の田中瑠風さんが見事「いな吉賞」を受賞しました。
これは、いなり寿司のアレンジレシピのコンテストで、田中さんは「絶品☆たこじそ香る、さっぱりいなり」というタイトルの、たこを使用したオリジナリティあふれる作品を出品しました。
C.H.E.部コンテスト部門もおかげで活気づいて来ました。今後の活動も頑張っていきたいと思います!

4月 112016
 

P1040702P1040699P1040706

C.H.E.部の代表生徒3名が、昨年11月に行われた「きもの装いコンテスト地区大会」を勝ち抜き、4月3日にNHKホールで開催された世界大会へ出場しま した。

「このようなNHKホールという大舞台で大好きな着物を着装することができて、充実した気持ちです。応援していただいたたくさんの方々に感謝の気 持ちでいっぱいです。」
(A.M)(I.Y)(N.M)

12月 012015
 

P1040424P1040432

C.H.E.部は、11月22日に文京シビックホールで開催された「全日本きもの装いコンテスト関東大会」学校対抗の部・女性の部(振袖)に出場 しました。学校対抗の部では、2位入賞を果たし、平成28年4月NHKホールで開催される、世界大会への出場権を獲得しました。

「振袖の部に出場しました。精一杯練習をし、努力しました。とてもよい経験をすることができ、感謝しております。」(S.E)

「学校対抗の部において、2位に入賞し、4月、NHKホールで催される世界大会の出場資格を得ることが出来ました。これまで支えて下さった先生方、 先輩方、家族、友達に感謝の気持ちでいっぱいです。」
(A.M)(I.Y)(N.M)

11月 202015
 

P1040380P104039820151031_150339

10月30日・31日、イオンモール水戸内原店にて行われた「いばらきものづくり教育フェア」において、きものショーとドレスのファッションショー、家庭部での体験に参加しました。

「私は、C.H.E.部として着物ショーに出場しました。3人1組で振袖を着てショーをするということは、文化祭のときとは内容が少し違い、とても緊張しました。自分たちのちょっとした「動作」にも気を遣い、その動作の中でも、着物や帯を「魅せる」ためのタイムだけでなく、美しさを出すために、3人で一生懸命練習をしました。外部の先生にご指導いただき、また、メンバー同士でアドバイスをし合い、自分たちなりに少しずつ成長し、最高の状態でショーをすることができました。3人の汗と根性と努力がたくさん詰まった良い思い出となりました。」 家政科3年 須田 紗津貴

「ファッションショーを通し、仲間と一つのことを成し遂げる嬉しさや、思い描いたドレスのデザインを形にし、自分で着ることのできる楽しさなど、たくさんのことを学ぶことができました。努力の形をたくさんの方に見ていただくことができ、大変なことがたくさんありましたが、がんばって良かったな。と思いました。」  家政科3年 色川 綾乃

2月 272014
 

P1020587P1020592P1020606P1020621P1020635P1020634P1020651

2月23日、C.H.E.部員で2年家政科の小瀬萌々香さん、細貝南々海さん、成田圭梨さんの3人が、神奈川芸術劇場で開催された「全日本きもの装いコンテスト関東大会」学校対抗の部で2位入賞を果たし、平成26年4月6日にNHKホールで開催される、世界大会への出場権を獲得しました。

「本番では緊張してしまいましたが、いつもの練習通りに着ることが出来たので、とてもうれしかったです。世界大会も、この調子で頑張ります」(小瀬)

「大会では、笑顔で楽しくやろうと心がけました。和田先生に教えてもらった通りに出来てよかったです。あの毎日の練習の成果だと思います」(細貝)

「前日ではあまり練習できず不安でいっぱいでしたが、本番では楽しく着ることができました。世界大会でも、笑顔を忘れず、3人で、息を合せて頑張りたいです」(成田)

また、今回の大会では、個人の部で1年の椎名朋海さんが出場しました。惜しくも世界大会出場は逃しましたが、来年は、絶対全国大会に出場すると、今からやる気十分です。

12月 242013
 

細貝作品細貝

家政科ファッションデザインコース2年生の細貝南々海さんが、足利デザイン×ビューティ専門学校主催「第22回ADB高校生ファッションイラスト展」で優秀賞(第1位)を獲得、12月7日に表彰式が行われました。作品のタイトルは『生きるって』。デザインの独創性が評価されての受賞です。

「スカートの柄の一つひとつを異なるものにするなど、工夫しました。タイトルの『生きるって』は、心臓をモチーフにデザインしたことに由来します。入選するとは思っていなかったので、とても嬉しいです。」(細貝さん)