7月 052019
 

6月20日(木)〜22日(土)に霞ヶ浦文化体育会館で行われた、全国高校卓球大会茨城県予選に出場しました。
学校対抗では、5月に行われた関東大会県予選で優勝し、第1シードとして大会に臨みました。トーナメント、リーグ戦とも危なげなく勝利し、決勝戦では、今回も明秀学園と対戦しました。
試合は一進一退の攻防を繰り返し、勝負の行方は5番の小林莉に託されました。小林は苦しみながらも粘り強くプレーを続け、時にはスーパープレーも飛び出しました。インターハイに出場したいという全員の思いが、チームに勝利を引き寄せ、小林は3−2で勝利を収めて、悲願であったインターハイ県予選の優勝を成し遂げることができました。
また、ダブルスでは出澤・小林莉組が優勝、シングルスでは、出澤が優勝、小林莉が3位、四倉が4位の結果を収め、個人戦でのインターハイ出場を決めました。
チームの強化開始後今まで5年間、何度も阻まれたインターハイへの学校対抗での出場を、6年目にしてついに成し遂げることができました。これまでチームを支えてくれた関係者、保護者、今まで共に戦ったOGのみなさん、応援ありがとうございました。
これからもこの結果に満足することなく、常勝チームとして活躍できるように努力を続けます。
鹿児島で行われるインターハイでも、茨城県代表として恥じないプレーができるよう、頑張りたいと思います。