6月 052019
 

6月5日、多数のお客様のご臨席のもと、看護科3年生(16回生)の戴帽式を実施しました。 戴帽式は、一定期間看護の基礎を学んだ者が看護師になるにふさわしいと認められ、また、看護を職業として選んでいくという決意を再確認するための区切りとして行います。
41人の戴帽生は、ナイチンゲール像の灯火を分かち合った後、自分たちで考えた「戴帽生決意」を唱和し、決意を新たにしました。

コメントを残す