6月 132019
 

5月31日(金)〜6月2日(日)まで、埼玉県の深谷市総合体育館で行われた、第69回関東高校卓球大会に参加しました。
ダブルスには出澤・小林組が出場し、1回戦で神奈川代表横浜隼人高のペアに快勝しました。続く2回戦では、第1シードの埼玉代表正智深谷高校のペアに2ゲームを先取しましたが、その後3ゲームを連取されて逆転負けをし、悔しい結果となりました。
学校対抗では、初戦で地元埼玉代表の深谷商業高校に3−0で快勝し、続く2回戦では千葉県代表の幕張総合高校と対戦しました。一進一退の攻防が続く中で、3−2で勝利を収め、3回戦へと駒を進めました。
3回戦では、第2シードの正智深谷高校と対戦し、あと一歩のところまで追い詰めましたが、力及ばず1−3で敗れ、ベスト8という結果になりました。
シングルスには3年の四倉と2年の出澤、小林の3名が出場しました。小林は初戦で敗れるも、四倉は1回戦を突破し、2回戦で正智深谷高校の選手に敗れました。
昨年度シングルスで優勝した出澤は第一シードとして危なげなく勝ち上がりましたが、準決勝で神奈川代表横浜隼人高校の選手と大接戦を演じ、あと一歩のところまで追い込まれました。苦しい試合を切り抜け、決勝まで進むと、昨年度も決勝で戦った横浜隼人高の選手に快勝し、見事シングルスで2連覇することができました。
勝たなければいけないというプレッシャーの中ではありましたが、結果を出すことができ、昨年度の覇者として、その重責を果たすことができました。
遠く埼玉まで応援に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。次は、いよいよインターハイ予選です。今までの全てをぶつけられるよう、全力で頑張ります。

コメントを残す