9月 112019
 

9月2日(月)から7日(土)までモンゴルのウランバートルで行われた、アジアジュニア卓球選手権大会に、本校の出澤がジュニア日本代表として出場しました。
ダブルスには、エリートアカデミーの小塩選手とペアを組んで出場し、準決勝で韓国のペアに敗れはしたものの第3位、団体では、日本代表の1番手として準々決勝のインド戦にも出場して快勝したものの、出場しなかった北朝鮮との準決勝に敗れ、同じく3位という結果になりました。
シングルスでは、準決勝で中国代表の選手を破る快挙を成し遂げ、決勝では同じ日本の長崎選手と対戦しました。1月の全日本選手権では勝利した相手でしたが、今回は相手にリベンジを果たされ、残念ながら優勝することはできませんでした。
今大会では、日本代表として、アジアの大会で銀メダル1つに銅メダル2つを獲得し、大変素晴らしい結果を成し遂げることができました。これからも日本だけでなく世界で活躍できるように、努力を続けたいと思います。

公益財団法人 日本卓球協会 アジアジュニア&カデット卓球選手権大会ページ
http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/125/rptid/572/Default.aspx

コメントを残す