建学の精神

校是

集大成を旨として温良貞淑の女徳を学び、
時代に適応し、社会の改善、発展に寄与貢献できる
堅実な女性の育成を目的とする

 

校訓

誠実・協和・勤勉

 本学園は、創立者額賀三郎・キヨ夫妻の子女教育に対する深い認識と高い識見に基づき、明治42(1909)年に大成裁縫女学校として発足した。爾来礼法を尊び、教養を高め、女性としての人格の向上を目指し、社会の発展に貢献し得る子女の育成に堅実な努力を続けてきた。このような伝統と教育の成果を継承し、茨城女子短期大学の教育活動において、さらにこれを発展させ、真理の探求と人間形成の道を推進し、家庭婦人として、また、社会的公正、社会的義務、責任を自覚し、行動する市民として文化国家の重要な担い手となる人材を育成しようとするものである。

 

教育理念

 本学は、昭和42(1967)年に開学し、大成学園108年の伝統と教育の成果を継承している。本学学則の総則には「教育基本法及び学校教育法に従い、広く知識を授けるとともに、ことばの芸術及び保育に関する専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を養い、明朗で知性に富み穏健かつ情操豊かな女性の育成を目的とする」と述べられている。本学が追求する女子教育の理想は、戦前の婦徳、良妻、賢母型の男性原理を超えた女性的心性を根底とする精神の豊かさにあり、心身共に健全で社会性にも富んだ女性像にある。

茨城女子短期大学学長

小野 孝尚

  • 大学案内
  • 秋桜BLOG
  • 秋桜会

表現文化学科

保育科

入試情報

キャンパスライフ