教育スタッフ

保育科

副学長・教授
佐藤 豊
SATO Yutaka
芸術学修士
 

保育科長・教授
助川 公継

SUKEGAWA Kimitsugu
教育学修士

のびのびとした子どもたちの表現を見守ることは,保育者としての仕事であり喜びでもあります。幼児の造形表現をしっかりと受けとめ,心の中にある“思い”を理解し、心のふれあいのできる保育者を育てるように努めています。
研究分野/日本画・造形教育
  子どもたちの成長や発達に直接関われるということは保育者としての喜びですが,一方で大きな責任を伴います。幼児教育の理念や子供観をより豊かにし,実践に生かすことが健やかな成長につながります。将来の保育者を目指す皆さんをしっかりとサポートしていきます。
研究分野/教育学・教科教育

教授
安藤 みゆき

ANDO Miyuki
教育学修士・文学修士

 

准教授
角田 雅昭

KAKUTA Masaaki
教育学修士

ひとりの保育者との出会いが、子どもの人生を変えることもあります。保育者から大切にされ、愛された思い出は子どもの心の宝になります。子どもの笑顔をささえる保育者になれるよう、一緒に頑張りましょう。
研究分野/臨床発達心理学・子ども虐待・特別支援教育
  保育の場では、子どもから学ぶことがたくさんあります。子どもの育ちに寄り添いながら、自らを省みることができる円熟した保育者を目指して、共に学び、育ちあいましょう。
研究分野/保育学・発達心理学(障がい児との共生、世代間交流)

准教授
海野 富江

UMINO Tomie
短期大学士

 

准教授
橋本 祥子

HASHIMOTO Sachiko
短期大学士

個性豊かな子どものうちなる光が輝けるよう一人ひとりの子どもの心に寄り添って共に共感することができる、こころ優しい保育者の育成を目指します。
研究分野/保育者育成における研究
  一人一人の子どもたちのありのままの姿を温かく受けとめ、心と体の動きに寄り添い共感しながら、生活を共にすることのできる保育者を目指して一緒に勉強していきましょう。
研究分野/保育実践

専任講師
長谷部 はるか

HASEBE Haruka
人文科学修士

 

専任講師
廣部 朋美

HIROBE Tomomi
教育学修士

幼児の姿をありのままに感じとることのできる柔軟な感性を育み、幼児の表現に対して「こころ」と「からだ」で創造的に共感・援助できるような、豊かな身体表現を共に追求していきましょう。
研究分野/上演舞踊・ダンス教育・身体表現・幼児体育
  2年間で学ぶ知識は、現場での実践を重ね省察を行うことで、結びついていくはずです。ありのままのこどもたちの姿を受けとめ、寄り添い、共に成長していける保育者を目指して、一緒に頑張りましょう。
研究分野/発達心理学・幼児音楽

専任講師
馬立 明美

UMADATE Akemi
短期大学士

 

専任講師
富田 浩子

TOMITA Hiroko
短期大学士

子どもは生活や遊びの中でたくさんの音やリズムを心と身体で感じています。様々な個性を持つ子どもに寄り添った音楽を提供し、また、共に楽しく活動できることを目指して頑張りましょう。
研究分野/音楽療法
  0歳から就学前の子どもの育ちについて深く学び、豊かな表現力を身につけて明るく、アクティブな保育が展開できる保育者をともに目指していきましょう。
研究分野/子ども学・教育学

専任講師
綿引 喜恵子

WATAHIKI Kieko
短期大学士

 

専任講師
小口 恵巳子

KOGUCHI Emiko
博士(社会科学)

人格形成の基礎をつくるのが幼児期にあると言われ、就学前教育の重要性が叫ばれています。保育の質は保育者の質です。専門知識と技術を習得し、豊かな人間性あふれる保育者を目指して共に学んでいきましょう。
研究分野/子ども学・教育学
  保育者は、子育て支援の中核的な役割を担うことを期待されています。一人の人として子どもたち一人一人を尊重し、寄り添い見守り、その成長を支えることができるような保育者になれるよう、そして子育て支援の中核的存在として成長していけるよう、共に学んでいきましょう。
研究分野/教育史・家族史・教育思想史・法社会学

 

表現文化学科

学長・教授
小野 孝尚

ONO Kosho
文学修士

 

表現文化学科長・教授
内桶 真二

UCHIOKE Shinji

文学修士

地域に根差した茨城所縁の近・現代詩人たちについて研究しています。横瀬夜雨・清水橘村・野口雨情・山村暮鳥・澤ゆき・多田不二・大関五郎等を中心として調査・研究しています。身近かな詩人たちの心からにじみ出た人生詩の世界に魅力を感じています。
研究分野/日本近代文学・近現代詩歌
  英語が好きな人も嫌いな人も、英語を知らないで済ませることはできません。コンピュータなどの機器を利用しながら、基礎から繰り返して学習していきます。基本から始めて英語の運用能力を楽しく身に付けていきましょう。
研究分野/英語学・英語史

教授
小林 和子

KOBAYASHI Kazuko
文学修士

 

准教授
塙 雅文

HANAWA Masafumi
教育学修士

何気ない作家の表現に目を止めることによって、各作品のいろいろな「読み」の可能性に迫ろうというのが目的です。好きな作家を取り上げてディスカッションをしながら、近代文学の中に自分探しの旅に出ましょう。
研究分野/日本近代文学・日本語教育
  自分と他人の気持ちを感じ、言葉を通して伝える。社会の情報を的確にとらえることができる社会人。明日の子どもたちを大きく育てる社会人を目指して共に学びあい頑張りましょう。
研究分野/国語教育・新聞教育・文章表現法

専任講師
小松崎 浩司

KOMATSUZAKI Koji
修士(図書館情報学)

 

専任講師
高橋 未来

TAKAHASHI Miki
博士(文学)

「就職活動において、学生はどのように情報を収集し、どう解釈し、どう対策を練って企業応募に望めば、応募する側、採用する側でギャップが少なく相思相愛の状態を築いて、結果内定を得ることができるのか。」また「夢中になるということはいったいどんなこと?」とか「『やりたくはないけど、やらないと仕方ないよね』と思って行動するのはなぜ?」といったことにも関心があります。以上のようなことを掛け合わせることで、各学生にマッチした進路支援法は何なのかを突き詰めていければと考えております。
研究分野/情報学・キャリア論
  中国の古典作品には皆さんの日常から離れた世界が描かれていますが、そこに日常を生きるヒントや、新しいものの見方などがちりばめられています。多感な年頃の皆さんには、作品の世界に浸りながら人生や世界について深く考えてほしいと思います。
研究分野/中国古典文学・国語学

専任講師
長谷川 裕久

HASEGAWA Hirohisa
教育学士

   

 

ある「役」を「演じる」ということは、「何者」かになることではなく自身の中に「新しい自分」を発見することです。「表現する」ということは「表現を知る」ことであり「見る」ことのさきに「魅せる」ことがあり、「聞くこと」のさきに「聴かせる」ことがあるのだと思います。「コミュニケーション」とは、 「想像力」の交換だと考えます。
研究分野/舞台芸術・身体表現
   
  • 大学案内
  • 秋桜BLOG
  • 秋桜会

表現文化学科

保育科

入試情報

キャンパスライフ