茨城女子短期大学同窓会秋桜会理事会・総会・交流会中止のお知らせ

会員の皆様へ

皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

日頃、同窓会に対しご理解とご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、会員の皆様並びに関係者の健康や安全を最優先に考慮して、令和2年6月7日(日)に開催を予定しておりました、「茨城女子短期大学同窓会秋桜会理事会・総会・交流会」は中止させていただくことになりました。総会で予定しておりました報告事項などは、次年度に改めて実施させていただく予定です。

なお、同窓会と致しましては本年度の行事は、「入会式」のみとし、すべてを中止いたします。何卒ご理解をお願い申し上げます。

まだまだ予断を許さない情勢ではありますが、終息後に皆様にお会いできます事を楽しみに致しております。

同窓会秋桜会会長 渡辺 忍

12月7日(土)委員会活動報告および懇親会、常任理事会を行いました

短大のなでしこホールで10時から、運営委員会・広報委員会・短大行事協力委員会・研修委員会がそれぞれ集まり、本年度のこれまでの活動の振り返りや来年度に向けての話し合いが持たれました。

報告会は場所を移して、懇親会会場で行うことになりました。懇親会は、ひたちなか市の「佐吉」で12時から始めました。会長のあいさつの後、まずは食事を楽しみました。

食事の後、研修委員長の進行で各委員会から活動報告がありました。総会や研修会、学園祭などの振り返りから来年度に行う企画や内容など、新しい提案なども話されました。副会長の一本締めで懇親会は閉じました。

次に常任理事会を行いました。令和2年3月3日(火)に行われる、来春に卒業予定の学生を迎えての入会式・交流会について話し合いを行いました。会場は視聴覚室、交流会はなでしこホールで行うことになり、進行や食事の内容、ビンゴゲームの景品などについては次回に話し合うことにしました。

次に、令和2年度の年間行事の予定をもとに、行事や常任理事会の日程の見直しなど話し合いました。

本年度はまだ3カ月ありますが、4月からの活動を無事に終えることができました。ありがとうございました。


10月26日(土) 第50回 撫子祭に参加いたしました

前日の雨にもかかわらず、当日は小春日和の暖かい一日となりました。

今回も材料を豊富にそろえ、形も大きめに切り、おいしい「ひっつみ汁」を作り上げました。

しかし、暖かい天候のため売れるかどうか不安でした。

ところが、お昼近くなると買いに来るお客様が増えてきて、みんなで喜びました。

また、「毎年、具材が豊富でおいしい味なので、いつも楽しみにしています。」とのお客様の声をいただき、二重の喜びとなりました。

お買い上げありがとうございました。

『クリスマスカードをつくろう』には、小さなお客様も参加してくれました。一生懸命クリスマスツリーのカードをつくっていました。

皆様には朝早くからご協力をいただき、完売することができました。ありがとうございました。


9月28日(土) 常任理事会を行いました。

今回は、10月26日(土)に開催される「第50回 撫子祭」の、参加協力について話し合いを行いまいました。

短大行事協力委員長から、毎年同窓会秋桜会で販売している『南部岩手の郷土料理 ひっつみ汁』について、材料や準備物について説明がありました。その後、委員全員で確認し、集合時間や購入担当者などを決めました。

また、研修委員長からは、撫子祭当日、参加費100円で「パステル画体験」を行うことも報告されました。

秋の一日、母校にて、おいしいひっつみ汁を堪能し、楽しい時間を過ごされるのはいいかがでしょうか。お待ちしております。


7月7日(日) パステル画教室に参加しました

7月7日、同窓会秋桜会研修委員会主催による、パステル画教室「共有しようパステルで楽しい時間」が、茨城女子短期大学にて開催されました。

講師は、同校でも非常勤講師として活躍されている七字純子先生です。

以前、パステルアートに少しだけ触れたこと事がある私ですが、淡いふんわりとしたイメージを持っていたパステル画は、今回、先生の作品を見せていただき、優しい物から油絵のような質感のものまで様々で、新たな魅力を発見することができました。

またパステル画について、パステルに適した紙の種類、そして様々な技法など、知らない事ばかりでしたが丁寧に教えていただき、実際に自分で作品を作り上げることができました。

1日、とても楽しく学ぶことができました。