高校生オンライン進学相談のお知らせ

あなたもオンラインでスマホ(パソコン)から茨城女子短期大学の魅力に触れてみましょう。Web会議用「Teams」アプリを活用し、教員とお話してみませんか?進学に関する相談、あなたの疑問・質問にも答えます。相談日は毎週火曜日と金曜日の14:00~16:00です。事前の予約が必要となります。事前の予約をしていただければこちらから招待メールをお送りいたします。
iwjc-info@taisei.ac.jp


*①Microsoft Teams(無料アプリ)をダウンロードしておいてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/download-app
*②招待メールでパスワード設定を行い、手順に沿って登録お願いします。
*③個人情報には留意し、終了後はアドレスの削除を行います。

改訂:新型コロナウイルス感染予防の徹底について

茨城女子短期大学


【ポイント】飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染を防ぐ

→ 密閉空間・密集場所・密接場面の3つの条件が重なる場を避ける

  1. 換気の悪い密閉空間にしないための換気の徹底(ドア、窓)
  2. 多くの人が手の届く距離に集まらないための配慮(互いの距離、ソーシャルディスタンス)
  3. 近距離での会話や大声での発声をできるだけ控える(マスクの着用、大声を控える)

※ 新型コロナウイルスに感染しても無症状か、軽い風邪だと思い行動することが、感染の大きな原因と言われている。いかに3つの密を避けるような行動をとるかが重要です!


(1)「平熱かどうか」などの心身の健康状態の確認

  • 朝、晩の検温 ※ 症状が現れないケースもある。
  • 息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ(倦怠(けんたい)感や筋肉痛)・高熱などの強い症状のいずれかがある、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状が続く、味覚・嗅覚障害(味を感じない、臭いがしないなど)、下痢、皮膚の変色などがある場合は、すぐに「帰国者・接触者相談センター」や医師会や診療所に相談する。また家族や同居者の中に発熱やせき、呼吸困難などの症状がある人がいるような場合には登校を取り止め、大学(029-298-0596)に原則8時30分までに電話連絡をしてください。  
     ※ 連絡がない時は、感染予防とは判断しません。 ※ 必ず、医師などへ相談してください。
  • 上記の症状から改善しても、すぐに登校せず、かかりつけの医師などの許可を得てから登校する。
  • 睡眠・栄養を充分摂り健康管理をし、抵抗力が落ちないようにする。

(2)手洗いの励行

  • 校舎に入る時・トイレ・食事前には、液体石けんによる両手の手洗いと消毒をしっかりとする。(とにかく手洗いの徹底! ※トイレは蓋(ふた)をしてから流す)

(3)マスク着用とせきエチケット

  • 授業では、必ずマスクの着用を。(マスクがない場合には、簡易マスクキットで製作)
  • 購入できない場合や、忘れた場合には、ハンカチによる手作りなどの措置を!
  • 話をするときには、相手との距離を考える。
  • マスクはゴミ箱などに捨てずに持ち帰る。

(4)電車・スクールバス利用

  • バスを待つ場合には、前の学生と1m程度あける。スクールバスはマスク着用。乗車中は極力私語を慎む。
  • 電車やバスのつり革や手すり、スイッチなどへの接触をできる限り避けるよう努める。

(5)大学の対応、施設の使用

  • 授業中に発熱等の症状が出た場合には、その時点でそのクラスの授業を休講とし下校の措置をとる。
  • 授業中も30分に1回換気。(換気による寒さ対策も忘れずに) 。10分以上出入り口の開放。
  • ドアノブ、PCのキーボード等、共用部分の消毒(使用する担当教員の授業前確認、実施等)
  • 当分の間、エレベーターの使用は禁止する。

(6)昼食

  • 密な状況を避けるために、学生ホールだけでなく以下の教室を開放。1室あたり20名程度で使用。(なでしこホール、トマト倶楽部、りんご館、1号館(21教室、32教室)、2号館(工作室・絵画室)
  • 食事後は、きちんと片付けをし、廊下の消毒液でふく。(隣の学生と間をあけて座る。大声で話さない。)
  • なでしこホール・りんご館・トマト倶楽部は、一つおきに座り、かつ対面にならないよう距離を保つ。

(7)イベントやライブ、会合等、人が多く集まる所への移動を自粛

  • 基本的には不要不急の外出を自粛する。特に、県外への移動を控える。
  • 週末や平日夜間(アルバイトを含む)の外出を自粛する。(密集している場所へ行かない)

(8)その他

  • 授業変更や休講等については、HP電子掲示板で必ず確認を!
  • 授業については、実情に応じてネットを使用した学習、少人数による分散登校・時間差登校など必要に応じて指示をする。