投稿者「浩司小松崎」のアーカイブ

大学ビブリオバトル・オンライン大会

12月5日土曜日に、学内ビブリオバトルチャンプの表現文化学科2年の高松真衣さんが「大学ビブリオバトル・オンライン大会2020」にバトラーとして参戦しました。

当日高松さんは二番手として、穂村弘著『にょにょっ記』(文春文庫 2009)を紹介してくれました。彼女の軽快な話術は他のバトラーの方たちも笑みを浮かべたり、オンライン上の聞き手の人たちからも質問がいくつも飛んでくるなど、非常に盛り上がったプレゼンテーションでしたが、残念ながら惜敗という結果に終わってしまいました。

松さんのバトルの様子はこちらから(YouTubeにジャンプします)

ビブリオバトルでプレゼンテーションをしている高松さん
穂村弘著『にょにょっ記」』」』』(文春文庫)の魅力を力説している高松さん

高松さんは昨年度も学内チャンプで2年連続防衛していましたが、今年度卒業予定で来春より社会人として巣立っていきます。でも1年生の中にも学外に挑めるバトラーがいますし、来春の新入生にも強者がいるかもしれないので、更に学内バトルが熱くなっていくのが楽しみです。

高松さん、ご苦労さまでした。

【「大学ビブリオバトル・オンライン大会2020」について】
例年全国大学ビブリオバトル全国決戦として東京と関西とを隔年交替で実施しているのですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大への懸念から中止となり、代替大会としてオンライン大会として実施されています。(11月28日土曜日から12月19日土曜日まで)
大学ビブリオバトル・オンライン大会2020公式サイト
大学ビブリオバトル・オンライン大会2020のYouTube動画リスト

撫子フェスティバル

去る10月31日土曜日、本学で「撫子フェスティバル」が催されました。

例年は、5月に「スポーツフェスティバル」、10月に学園祭「撫子祭」が催されているのですが、今年度はスポーツフェスティバルは中止、学園祭も学友会内での議論の結果、非公開かつスポーツフェスティバルと撫子祭の要素を組み合わせたイベントとして実施しました。

例年出店される模擬店等は実施することはできませんでしたが、ソーシャルディスタンスを担保した企画を練って、久々のみんなでの行事が実施できました。

今回のノウハウは、卒業後社会人になってから現場でも役に立つこととなるでしょう。

10月31日(土)11:00〜13:00「入試なんでも相談会」開催

10月31日土曜日11:00から13:00まで、本学で「入試なんでも相談会」を開催します。

入試に関する疑問や不安な点等、本学教員が相談に乗ります。
事前予約制です。前日10月30日(金)までメールまたは電話でお受け付けいたします。

詳細はオープンキャンパスのページをご覧ください。

学園祭は外部非公開で実施いたします。

例年10月最終土曜日に実施しており、今年度も10月31日に実施予定でした学園祭『撫子祭』は、新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から規模を縮小し、外部非公開の「撫子フェスティバル」として実施いたします。

当日ご来学いただいてもキャンパス内に立ち入ることはできませんのであしからずご容赦ください。
撫子祭を楽しみにされていた皆さまへは、非常に残念なお知らせとなりますが、次年度以降感染予防の手立てを講じることができた際には、盛大に実施する所存ですので、是非とも撫子祭に足をお運びください。

同日実施予定の「入試なんでも相談会」については事前予約制で実施します。予約はこちらから。

ビブリオバトル予選会

2019年10月26日土曜日に開かれた学園祭、撫子祭で全国大学ビブリオバトル〜首都決戦〜 関東Aブロック茨城女子短期大学予選会が開催されました。

4人のバトラーが参加し、本学のチャンプ本として表現文化学科1年高松真衣さんが紹介した、能町みね子さんのエッセイ『うっかり鉄道』(幻冬社刊)が選ばれました。

チャンプ本を紹介した高松さんは、来たる11月3日に茨城県立図書館で行われる全国大学ビブリオバトル〜首都決戦〜関東Aブロック決戦大会に出場します。

是非とも関東Aブロック決戦大会でも、読みたくなるプレゼンテーションを楽しみにしています。

チャンプ本 能町みね子著「うっかり鉄道」(幻冬社刊)と紹介をしてくれた高松真衣さん