投稿者「kmanager」のアーカイブ

表現文化学科 キャッツ鑑賞

表現文化学科では、9月28日にグループ交流会を開催しました。

今年度は劇団四季ミュージカル「キャッツ」を東京大井町に新設されたキャッツ・シアターで鑑賞してきました。

学生の皆さんは、役者さんのネコの演技や舞台装置に耳目を奪われながら、プロの気迫あふれる演技を全身で感じていました。

1時開演、休憩を挟んで4時近くまでがあっという間のキャッツ空間でした。ジェリクル、ミャーオ!

総合病院見学–メディカル秘書

表現文化学科では、12月15日にメディカルクラークの校外実習で総合病院見学に行ってきました。本学非常勤講師で医療報酬実務を担当していただいている水戸済生会総合病院の舘正明先生に計画していただき実現しました。

外来、事務局内を見学した後、医事課長、副看護部長、外科部長の先生方の講話を聴き、その後災害派遣医療チーム(DMAT)の救急車で説明を受け、ドクターヘリの整備場へ行き、実際の活動の姿について話を伺ってきました。

学生は水戸済生会総合病院が茨城県の3次救急拠点として医師、看護師はじめ医療従事者のみならず、事務職員も総出で、ひたむきに県内及び隣接県の地域医療に貢献していることを体感してきました。現場の方たちの生の声を聴き、目の当たりにすることで、座学だけでは得られないものを得てきました。

小野孝尚学長先生が『茨城の近代文学逍遥』を出版されました

bungaku

本書に収録された10編は、茨城の風土を描いた詩作品や茨城ゆかりの作家の作品論の試みとなっています。

 

寺門 仁「浦浪遊女」待つ心寂し

大手拓次「霧の筑波山を下る」の成立

室生犀星 筑波山周遊の旅を巡って

英 美子『春鮒日記』ノート

上野壮夫『野火』論序説

龍膽寺雄『八柱神社の秘仏』緒論

下村千秋『旱天實景』論

長塚 節『痍のあと』の背景

清水橘村ミュージカル「かぜにうたえば」上演から

菊池幽芳 取手時代の幽芳

 

本書の底流にあるものは、地域に関わる文学作品を

通して地域愛を育み、地域を誇りとし、郷土を愛する

心を育てることにあります。