公開講座」カテゴリーアーカイブ

教員免許状更新講習仮申込みをされた皆様へ

この度、サーバーに不具合が発生し、仮申込みをされた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしております。

なお、本日、5月15日(水)午前0時から正午までにお申し込みをされた方には、順次受信完了メールを送信いたします。
本日中にメールが届かない場合には明日以降、お電話でお問い合わせください。

現在は正常に稼働しております。

小野孝尚学長先生による講話会―豊田芙雄の足跡をたどる―

来たる6月8日(土)の午後1時から茨城女子短期大学父母の会総会が開催され、その後の午後2時10分から、約1時間、大成学園の草創期の功労者で、女子教育の先覚者でもあり、日本の幼稚園保母第一号の豊田芙雄の生きた時代についてのお話がございます。ご父母の皆様のご参加をお待ちしております。

日時 令和元年6月8日(土)

場所 茨城女子短期大学1号館3階 視聴覚室

総会 午後1時から

講話 午後2時10分から

       [演題] 豊田芙雄の足跡をたどる

       [講師] 小野孝尚(茨城女子短期大学学長)

豊田芙雄像(水戸市内)

公開講座「草木染めで萌黄色のストールを作ろう」

9月7日(金)、保育科の富田先生と、工房しみずの清水秀子先生による「草木染め」の公開講座が開催されました。今回は、源氏物語や平家物語にも出てくる『萌黄色』です。

藍の生葉をミキサーにかけ、布でこします。

この染料液に水を加え、ストールを入れて浸し染めをすると、ストールは爽やかな水色になりました。

これを、キハダから煮出した液に入れて浸し染めをし、焼きミョウバンの媒染液に浸けます。

すると…あら不思議!

素敵な『萌黄色』に変わりました!!!

乾かして、アイロンをかけたら出来上がりです。早速、巻いて帰られる受講生の方もいました。同じ工程を経ても、それぞれ色の違いが出ることが草木染めの魅力です。まさにオンリーワンのストールが出来上がったので、受講生の皆さんは大満足で帰られました。ご参加、ありがとうございました。

 

 

 

小野学長先生寄稿ー茨城新聞

小野学長先生の寄稿「幼児教育の開拓者・豊田芙雄ーー先人の教え実践し発信」が平成30年9月3日の茨城新聞(18)に掲載されています。記事の末尾にもありますように、9月24日まで県立歴史館では豊田芙雄展が開催されています。この機会に、郷土が育んだ先覚者豊田先生の人と功績に触れてみてはいかがでしょうか。