キャンパスライフ」カテゴリーアーカイブ

大学ビブリオバトル・オンライン大会

12月5日土曜日に、学内ビブリオバトルチャンプの表現文化学科2年の高松真衣さんが「大学ビブリオバトル・オンライン大会2020」にバトラーとして参戦しました。

当日高松さんは二番手として、穂村弘著『にょにょっ記』(文春文庫 2009)を紹介してくれました。彼女の軽快な話術は他のバトラーの方たちも笑みを浮かべたり、オンライン上の聞き手の人たちからも質問がいくつも飛んでくるなど、非常に盛り上がったプレゼンテーションでしたが、残念ながら惜敗という結果に終わってしまいました。

松さんのバトルの様子はこちらから(YouTubeにジャンプします)

ビブリオバトルでプレゼンテーションをしている高松さん
穂村弘著『にょにょっ記」』」』』(文春文庫)の魅力を力説している高松さん

高松さんは昨年度も学内チャンプで2年連続防衛していましたが、今年度卒業予定で来春より社会人として巣立っていきます。でも1年生の中にも学外に挑めるバトラーがいますし、来春の新入生にも強者がいるかもしれないので、更に学内バトルが熱くなっていくのが楽しみです。

高松さん、ご苦労さまでした。

【「大学ビブリオバトル・オンライン大会2020」について】
例年全国大学ビブリオバトル全国決戦として東京と関西とを隔年交替で実施しているのですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大への懸念から中止となり、代替大会としてオンライン大会として実施されています。(11月28日土曜日から12月19日土曜日まで)
大学ビブリオバトル・オンライン大会2020公式サイト
大学ビブリオバトル・オンライン大会2020のYouTube動画リスト

ビブリオバトル予選会

2019年10月26日土曜日に開かれた学園祭、撫子祭で全国大学ビブリオバトル〜首都決戦〜 関東Aブロック茨城女子短期大学予選会が開催されました。

4人のバトラーが参加し、本学のチャンプ本として表現文化学科1年高松真衣さんが紹介した、能町みね子さんのエッセイ『うっかり鉄道』(幻冬社刊)が選ばれました。

チャンプ本を紹介した高松さんは、来たる11月3日に茨城県立図書館で行われる全国大学ビブリオバトル〜首都決戦〜関東Aブロック決戦大会に出場します。

是非とも関東Aブロック決戦大会でも、読みたくなるプレゼンテーションを楽しみにしています。

チャンプ本 能町みね子著「うっかり鉄道」(幻冬社刊)と紹介をしてくれた高松真衣さん

【撫子祭 表現文化学科企画】ビブリオバトル茨城女子短期大学予選会開催しました。

去る10月27日土曜日に行われた学園祭「撫子祭」で、知的書評合戦「ビブリオバトル2018 関東Aブロック 茨城女子短期大学予選会」が開催されました。

茨女では今回初めて予選会を開催し、表現文化学科の1,2年生各2名、計4名のバトラー(発表者)が参加し、それぞれ5分間で自分が推薦する本の紹介を行いました。

聴いている人は4人のバトル終了後「自分が読んでみたい本」に対して投票を行い、投票はその場で開票され、最多得票を得た本が「チャンプ本」となりました。

チャンプ本を紹介したバトラーは、来週11月4日日曜日10時45分から茨城県立図書館で行われる、「ビブリオバトル2018 関東Aブロック 茨城決戦大会」で、茨城大学、茨城キリスト教大学、常磐大学(五十音順)の各チャンプとともにバトルに臨むこととなります。

本学では、表現文化学科1年の鈴木翔子さんが有川浩著『阪急電車』を紹介してくださり、チャンプ本となりました。

鈴木さんが茨城決戦でご健闘されることを祈ってます。

表現文化学科 キャッツ鑑賞

表現文化学科では、9月28日にグループ交流会を開催しました。

今年度は劇団四季ミュージカル「キャッツ」を東京大井町に新設されたキャッツ・シアターで鑑賞してきました。

学生の皆さんは、役者さんのネコの演技や舞台装置に耳目を奪われながら、プロの気迫あふれる演技を全身で感じていました。

1時開演、休憩を挟んで4時近くまでがあっという間のキャッツ空間でした。ジェリクル、ミャーオ!