キャンパスライフ」カテゴリーアーカイブ

関西方面研修旅行

表現文化学科では9月11日から13日まで関西方面研修旅行に行ってきました。

表現文化学科では、自らの言語表現、身体表現を磨くために、一流の言語表現、身体表現に実際に触れることから学ぶ機会を作っています。
学期中は文学作品や短大近くで行われる演劇や展覧会等に足を運ぶことで学んでいますが、夏休みを使って、上方の文化に触れ、上方の芸能、芸術に触れてくる研修旅行をを行っています。(希望参加制)

初日:大阪千日前にある「なんばグランド花月」を訪れ、漫才、コント、落語、吉本新喜劇観覧
2日目:グループ毎に分かれ自主研修(京都の寺社見学、水族館見学、ユニバーサルスタジオジャパン見学)
最終日:宝塚歌劇 月組公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』観劇

を行ってきました。
なんばグランド花月では、生のお笑いを生で観て関東では恥ずかしくてなかなかできない腹を抱えて笑うことを実体験しました。
また宝塚では、100年以上続く総合芸術として完成し、更に発展し続ける宝塚歌劇を観ることで、圧巻の表現法を身をもって体験しました。
2日目の自主研修ではそれぞれ「京都に残る日本文化」、「来場者に見せる、来場者が楽しめる演出」を意識しながら見学してきました。

この3日間の経験が、今後ひとりひとりの生活でちょっとずついい方向に影響していくことでしょう。

なんばグランド花月での吉本お笑い鑑賞後の参加者たち
なんばグランド花月での吉本お笑い鑑賞後の参加者たち

『エリザベート』を観劇する前に宝塚駅前のブロンズ像前で
『エリザベート』を観劇する前に宝塚駅前のブロンズ像前で

学園祭「撫子祭」開幕!

今日から茨女の学園祭「撫子祭」が始まりました。

明日が本祭で公開され、来場される皆さんへお・も・て・な・しモードなのですが、今日は前夕祭。学生のみんなが楽しむ日です!

そして、今年の前夕祭。なんとサプライズゲストは、

 

かもめんたるさんでした!

かもめんたるサプライズライブ in 茨城女子短期大学

さすがタウンワークキングオブコント2013!サプライズゲストとしてコールされるや否や会場の体育館では大騒ぎ。

ショートコントに長めのコントに会場はゲラゲラ。

かもめんたるのお二人には、そのあとの抽選会のくじ引きも行っていただきました。かもめんたるの大ファンだった学生に当たった瞬間その学生があまりの衝撃に声が出なくなり、お二人に握手をしてもらった途端目から涙があふれる場面も。

抽選会でかもめんたるさんから商品を渡してもらっている学生 in 茨城女子短期大学

最後はお二人を中心にみんなで記念撮影をして、パワーを充電してもらいました。

かもめんたるさんを中心に記念撮影 in 茨城女子短期大学

明日は茨城女子短期大学学園祭「撫子祭」の本祭です。午前10時から午後3時までです。皆さん、お誘いあわせの上ご来場ください。

明日は各グループのダンスステージがあります。

「ひよっこ」県内6大学巡回パネル展、茨女からスタートしました!

5月9日火曜日より15日月曜日まで本学の本館2階なでしこホールで、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のパネル展が開かれています。

今の朝ドラが茨城出身で同世代の「ひよっこ」が主人公ということで、県内の6大学を巡回していきます。
まさに主人公「谷田部みね子」たちの仮想のふるさと、「奥茨城村」の地域から通う学生が多い茨城女子短期大学で巡回展の第1弾を開催する運びとなりました。
学生たちも休み時間に紹介パネルやサインを眺めたり、谷田部一家や幼なじみたちの等身大パネルといっしょに写真を撮影していました。

また、昨日学生たちがNHKの方の指導のもと、会場を設営してくれました。
そのときの様子はNHK水戸放送局のブログをどうぞ。↓
http://www.nhk.or.jp/mito-blog/hiyokko/270133.html#more

【おことわり】
本学での展示は大変申し訳ありませんが、防犯の都合上学内関係者限定とさせていただます。今週末5月14日(日)10時から開かれる本学オープンキャンパスの際には、お越しいただいた方たちにもお楽しみいただけます。是非お越しくださいませ。
また、NHK水戸放送局1階においても同様のパネル展示を開催しているそうです。

NHK水戸放送局へのアクセスマップはこちらをどうぞ。↓
http://www.nhk.or.jp/mito/station_info/map_print.html


パネル展会場入口の様子(この先はオープンキャンパス時に見学可能です。写真撮影もOK!)

NHKのインタビューを受けている学生

表現文化学科 関西研修旅行

表現文化学科では、9月14〜16日にかけて、希望者を対象に「関西研修旅行」を催しました。

今年度も昨年度同様大阪ミナミにあるホテルに宿泊し、自由な時間帯でも近隣で多くの名所を見学しやすいように配慮しました。

※実際、道頓堀や法善寺は歩いて5分、通天閣も歩いて20分、大阪城公園や中之島、梅田へは地下鉄で15分程度でアクセス可能なところです。

研修旅行のメインは今年度は2つ。一つ目は「よしもと」、二つ目は「宝塚」でした。

一つ目の「よしもと」では、初日になんばグランド花月にてよしもと芸人の方たちによる漫才、コント、新喜劇を鑑賞しました。上方ことばの相方との掛け合いによる漫才は、小刻み良いテンポで場内みんなの笑いを誘い、あっという間の2時間半でした。

二つ目の「宝塚」では、3日目に宝塚大劇場にて星組公演「桜華に舞え」を鑑賞しました。明治維新後、薩摩士族が各々日本のこれからを考えた上で幼馴染でありながら官軍と西郷軍とに各々苦渋の選択をして分かれ、戦い合ったジレンマを描いた作品でした。戦で侍が朽ちていく時に敵であっても抱きかかえて敬意を払うシーンには多くの学生が涙をこらえきれませんでした。

なお2日目の自主研修では、グループに分かれ、グループ毎に計画を立て、ユニバーサルスタジオジャパン見学に行った組、京都の寺社巡りをした組、新撰組の足跡を訪ねた組、大阪市内を散策した組等に分かれて、各グループとも充実した一日を過ごせたようでした。

上方という日常と違う文化や街並みを自分自身の目で観て・聴いて・感じてきたことで、今まで以上に表現の奥深さを学んできました。

なんばグランド花月にて上方演芸を鑑賞し終えて

なんばグランド花月にて上方演芸を鑑賞し終えて

 

宝塚歌劇団星組公演「桜華に舞え」を鑑賞後の記念撮影

宝塚歌劇団星組公演「桜華に舞え」を鑑賞する前に