大成学園創立100周年記念式典

学校法人大成学園は、2009年(平成21年)に創立100周年を迎えました。
本学園は、1907年(明治40年)12月額賀三郎・キヨ夫妻が水戸市に開いた裁縫塾を起源とし、1909年(明治42年)4月3日には、茨城県下初の私立学校である大成裁縫女学校(本科・専科)を開学いたしました。その後、水戸市大成女学校と改称、大成高等女学校併設時代を経て、1947年(昭和22年)には学制改革により大成女子高等学校、1967年(昭和42年)に茨城女子短期大学、1971年(昭和46年)に大成学園幼稚園を設置いたしました。創立以来、「社会に役立つ女性」の育成に専心し続け、2007年(平成19年)に私塾開設100年、2009年(平成21年)には学園創立100周年を迎える運びとなりました。
これまでに本学園で学んだ同窓生は4万余名を数えます。本学園は「なでしこ」の旗のもと、暖かくきめ細やかな教育を実践し、多くの実績を挙げてまいりました。現在では、茨城女子短期大学は国文科・保育科・介護福祉専攻科を、大成女子高等学校は普通科・家政科・看護科(5年一貫教育)を設置しており、「誠実・協和・勤勉」の校訓に基づき創立者の精神を受け継いだ教育活動を実践しております。学生・生徒達がそれぞれの夢と希望を叶えるべく充実した学園生活を送り、卒業生が社会の各分野で広範に活躍されておりますことは、私達一同の誇りでございます。
この輝かしい伝統を築くことができましたのは、長い間本学園を支えてくださいました皆様方のご尽力の賜物と感謝いたしております。

詳細についてはこちらをご覧ください。