卓球部 第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)に出場!

 

8月12日から、富山県の富山市総合体育館で行われた、第90回全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場しました。
学校対抗では、春の全国選抜大会でも対戦した熊本県の慶誠高校と、1回戦で再び対戦しました。リベンジを狙ってチャレンジャーとして挑みましたが、今回も力及ばず、0-3で敗れる結果となりました。
ダブルスには、小沼・宮嶋組と、鈴木・田尻組が出場しました。鈴木・田尻組は苦しみながらも1回戦を突破して2回戦に進出しましたが、山口県代表の岩国商業のペアに1-3で敗れました。県予選を1位通過した小沼・宮嶋組は、1回戦・2回戦を突破し、3回戦で鳥取県代表の鳥取敬愛高校のペアと対戦しました。試合は残念ながら敗れましたが、全国大会で3回戦まで進出する見事な結果となりました。
シングルスには、小沼と鈴木の2名が出場しました。小沼は日本代表の早田ひな選手を輩出した、福岡県の希望が丘高校の選手と1回戦で対戦し、フルゲームまでもつれこむ大接戦を演じましたが、あと一歩のところで力及ばず、初戦敗退となりました。2年の鈴木は、1・2回戦を突破して、3回戦で、三重県代表の白子高校の選手と対戦しました。一進一退の攻防が繰り広げられ、緊張感のあるゲームとなりましたが、勝ち切ることができず、0-3で敗れることとなりました。
この夏に向けて、たくさんの方の力を借りて、必死に練習に取り組んできました。力を貸してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
団体戦では初戦敗退となりましたが、シングルスもダブルスも3回戦まで進出することができ、少しでも恩返しができたかと思います。
3年生はこの大会を持って引退となりました。新型コロナウィルスの感染が広がったことで、思うような活動はできなかった部分はありますが、たくさんの練習をし、たくさんの大会に出場した密度の濃い2年半でした。
また新しいチームで、先輩たちを超えるような実績を作っていきたいと思います。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします!

オーストラリアとの交流(web旅)をオンラインで実施!

初日は、お世話になったグリフィス大学やオーストラリアについてのイントロダクションを行った後、現地で動物保護活動を行うレンジャーの方から、オーストラリアの野生動物について説明していただきました。テレビや図鑑でしか見たことのない動物が、画面を通してですが動く様子を見ることができ、とても感動しました。
2日目、3日目は現地の大学生と実際に交流を行い、「自己紹介」「趣味」「休日の過ごし方」「食文化」「コロナ禍での生活」などのテーマについて、英語で話し合いました。生の英語を聞くのはとても集中力を必要とし、自分の言いたいことを英語で伝えるのはとても難しかったですが、笑顔やジェスチャーを交えて、コミュニケーションを取り、親交を深めることができました。限られた時間の交流ではありましたが、最終日にはとても別れが辛く、寂しい気持ちになりました。
今回の交流前にはオンラインでの英会話レッスンを行って準備してきましたが、始まる前はとても不安でした。しかし、コロナ禍で海外に行くことができない中で、海外の方と英語を使ってコミュニケーションをすることはとても楽しく、素晴らしい経験をすることができたと思います。もっと英語を勉強して、オーストラリアを実際に訪問したり、海外の人とコミュニケーションをしたい気持ちになりました。

体験学習・保護者対象説明会(8/28、8/29)について

茨城県非常事態宣言発令により、8月28日(土)・29日(日)の体験学習・保護者対象説明会は「オンラインオープンキャンパス」の配信に変更します。
「大成女子高等学校を体験できる!」ぜひご覧ください!

Taisei Online Open Campus ←クリック