卓球部 全日本選手権に出場! 平野美宇選手を撃破!

Photo: Itaru Chiba
Photo: Itaru Chiba

1月13日(月)から、大阪府の丸善インテックアリーナ(大阪市中央体育館)で行われた、全日本卓球選手権大会に、出澤と小林莉の2名が出場しました。
出澤・小林のダブルスは、2回戦を突破するも、3回戦で大阪代表の香ヶ丘リベルテ高のペアに敗れる結果になりました。
ジュニア女子シングルスに出場した小林莉は、1回戦で福島代表の選手、2回戦では静岡代表の選手と対戦し、どちらも3-0で快勝することができました。続く3回戦では、大阪代表の四天王寺高の選手と対戦しました。シード選手相手に積極的に戦いましたが、力及ばすに、0-3で敗れる結果となりました。
昨年度チャンピオンとしてジュニア女子シングルスに出場した出澤は、負けられないプレッシャーの中で試合に臨みましたが、4回戦で大阪代表の四天王寺高の選手に敗れ、大変残念な結果となりました。
一般の部では、気持ちを切り替えて試合に臨み、4回戦で広島代表の中国電力の選手を撃破し、ベスト16入りをかけて、平野美宇選手することとなりました。東京オリンピック内定の平野選手に臆することなく戦いを挑んだ出澤は、4-1で平野選手に競り勝ち、2年連続でベスト16のランク入りを果たすことができました。ジュニアでは悔しい結果となりましたが、一般の部で快挙を成し遂げる嬉しい結果となりました。
全日本という大舞台に向けて、選手たちは必死に努力を続けてきました。目標としてきた大きな大会は終わりましたが、これからも試合は続きます。今後も努力を忘れず、日々進化できるように頑張りたいと思います。
応援に来てくださった保護者や関係者のみなさま、ありがとうございました。

https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2020/01/008845.html

http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=196&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=61

「いばらきデザインフェア in 銀座」行ってきました!

1月11日~15日「いばらきデザインフェア in 銀座」がイバラキセンス(茨城県産品セレクトショップ)で行われ、本校授業キャリアデザインⅡB地域デザインフィールドの生徒が地域の皆様と一緒に開発した「カルウメヤキ 」も販売されました。
初日に3年生2名が代表としてPR、試食販売を行いましたが、見事、5日間分の仕入れを半日で完売させることができました! また「いばらきデザインセレクション2019」審査委員長、筑波大学名誉教授 蓮見 孝先生も応援に駆けつけてくださいました。
「はじめはどのように紹介したら分からず苦労しましたが、次第に『自分がお客さんだったら』と考えるようになり、カルウメヤキ の魅力を短く伝え、興味を持ってもらえるよう工夫しました。試食がなくなってからも説明だけで興味を持っていただき、完売させることができました。繰り返すうちに、段取りや工夫の仕方が分かり、説明がうまくできるようになって自信をつけることができました。とても貴重な体験をさせていただきました。」
「お客さんがどうすれば商品に興味を持ってくれるのかを考え、言葉や行動を変えてみたり、ちょっとしたプレゼンをしたりと思った以上に大変でした。また、接客する人は常に笑顔でとにかく凄いな、という気持ちでした。何より完売でき、とても良かったです。商品が売れた時の嬉しさと達成感は接客する人にしか感じられないものだと思いました。貴重な体験ができて本当に良かったです。」

5教科記述式一般入試(1月16日実施) 模範解答

1月16日実施  5教科記述式一般入試 模範解答

  ↓クリックするとファイルが開きます 

2020大成女子高校5教科記述式英語リスニング放送

卓球部 水戸地区卓球新人(個人)戦に出場! シングルス・ダブルス 1〜3位独占!

1月11日(土)に、水戸市総合運動公園体育館で行われた、水戸地区卓球新人(個人)戦に参加しました。
ダブルスには3ペアが出場、1年の手澤・綱川組が、第2シードの2年小林千・鈴木組を準決勝で破って決勝に進出するも、第1シードの小沼・宮嶋組がその挑戦を退けて優勝しました。
シングルスには6ペアが出場しました。小林千はベスト16で、手澤はベスト8で敗れる結果となりました。ベスト4には、鈴木、小沼、宮嶋の3人が勝ち上がりました。決勝では鈴木と小沼という、白堊杯と同じ対戦となりましたが、今回は鈴木が先輩の意地を見せ、小沼を破って優勝することができました。
今大会では、地区大会ということもあり、シングルスもダブルスも1位から3位まで独占することができました。20日後の県大会では、選手全員がランク入りできるように、今大会の反省を活かして、努力を続けたいと思います。