卓球部 水戸地区卓球新人(個人)戦に出場! シングルス・ダブルス 1〜3位独占!

1月11日(土)に、水戸市総合運動公園体育館で行われた、水戸地区卓球新人(個人)戦に参加しました。
ダブルスには3ペアが出場、1年の手澤・綱川組が、第2シードの2年小林千・鈴木組を準決勝で破って決勝に進出するも、第1シードの小沼・宮嶋組がその挑戦を退けて優勝しました。
シングルスには6ペアが出場しました。小林千はベスト16で、手澤はベスト8で敗れる結果となりました。ベスト4には、鈴木、小沼、宮嶋の3人が勝ち上がりました。決勝では鈴木と小沼という、白堊杯と同じ対戦となりましたが、今回は鈴木が先輩の意地を見せ、小沼を破って優勝することができました。
今大会では、地区大会ということもあり、シングルスもダブルスも1位から3位まで独占することができました。20日後の県大会では、選手全員がランク入りできるように、今大会の反省を活かして、努力を続けたいと思います。

卓球部 白堊杯卓球大会に参加! 1〜3位まで上位独占!

1月5日(日)に日立市の日立製作所日立体育館で行われた、白堊杯卓球大会に参加しました。この大会は、県立日立一高のOB会が主催する、長い歴史のある大会です。
シングルスに6名がエントリーし、1年の小沼と2年の鈴木による同校対決の決勝戦の結果、小沼が優勝、鈴木が準優勝、3位には1年の宮嶋が入り、本校生徒が上位を独占しました。
また、1年の手澤、綱川もベスト8まで勝ち上がり、2年の小林千もベスト16の結果を残すことができました。関東大会後の年末年始も、必死に練習に取り組んだ成果が現れたと思います。
この後の大会にも自信を持って臨みたいと思います。

卓球部 関東高校選抜卓球大会に出場! 全国選抜出場権獲得!

2019年12月25日~27日に、東京都のエスフォルタアリーナ八王子で行われた、関東高校選抜卓球大会に出場しました。
予選リーグでは、東京代表の早稲田実業、埼玉代表の星野高校を破りましたが、千葉代表の和洋女子、栃木代表の真岡女子に惜敗し、リーグ3位で順位決定リーグに進出しました。
順位決定リーグでは、群馬代表の前橋商業に完勝し、続く2戦目では同じ茨城の明秀学園と対戦しました。県予選では、決勝で敗れた相手でしたが、今回は3-1で勝利を収めることができました。リーグの最終戦は、群馬代表の樹徳高校との対戦でした。苦しい戦いが続きましたが、3-2で勝利し、第9位で関東選抜を通過、全国選抜大会への切符を手にすることができました。
県予選のメンバーに加え、エースの出澤がチームに合流しての戦いでしたが、改めて関東大会を通過することの難しさを実感しました。全国選抜は3月に千葉県で行われます。2年連続の出場ですが、昨年以上の結果を出せるように、これからも努力を続けます。
応援に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。

バレーボール部 春の高校バレー茨城県予選会の結果報告

11月12日~13日、春の高校バレー第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会茨城県予選会が開催されました。
結果は残念ながら、準決勝で敗退となりました。まずは目標としていた2年連続の出場は叶いませんでした。
3年生はこの大会が最後となりました。練習したことが出せた部分とそうでなかった部分がそれぞれあると思います。全員が揃って練習できた時期が短い中でも最後は最上級生らしくまとまって頼もしい姿がみれました。この三年間での成長を感じました。今後、バレーを続ける者、続けない者にわかれますが、大成バレー部で経験したことや自分自身が様々なことに挑戦・努力したことに自信と誇りを持って歩み続けてほしいと思います。
大会期間中はたくさんの方々が応援に来てくれました。ありがとうございました。改めて私たちが勝つための環境を整えてくれている父母会、校長先生をはじめとする学校関係者の皆様、どんな時でも応援してくれる卒業生などたくさんの支えがあって活動が成り立っていることに感謝します。決勝に進んで全校応援の前でプレーし勝って皆さんと喜びを分かち合うことを目指しましたが、力不足でした。来年度は後輩達がこの悔しさを忘れず練習に励んでくれるでしょう。新チーム、この敗退を糧にして頑張ります。応援よろしくお願いします。

卓球部 東京選手権ジュニア茨城県予選に出場! 小林莉優勝、小沼ベスト8!

11月30日(土)、12月1日(日)に日立市の池の川さくらアリーナで行われた、東京選手権ジュニアの部茨城県予選に7名が出場しました。初日は3回戦終了まで行われ、全員がベスト64に進出して2日目を迎えました。
1年の手澤、綱川、宮嶋はベスト16のランク決定戦で敗れましたが、1年の小沼、2年の鈴木、小林莉がベスト16まで勝ち上がりました。
ベスト8の選手で行われる決勝リーグでは、小沼は結果を残せませんでしたが、小林莉は第1シードの力を発揮し、決勝に進出しました。
決勝では明秀学園の選手を破って見事優勝し、本大会出場の切符を手にすることができました。
東京選手権は3月に行われます。一般の部のシングルスに招待選手として出澤が、ダブルスには出澤・小林組が、そしてジュニアの部には小林莉が出場することとなりました。
本大会に向けて、力をつけたいと思います!