バレーボール部 全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会県予選会 優勝!

11月13日、笠松運動公園体育館にて第26回全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会県予選会が開催されました。
新チームになって初めての大会でした。結果は優勝。まだまだ課題がたくさんありますが、今年度のチームスローガン「挑 〜 challenger 〜 」をモットーに練習でトライ&エラーを繰り返し、チーム・個人的に様々なことに挑戦してほしいと思います。
会場には1・2年生の保護者が応援に来てくれました。ありがとうございました。
今度の大会ではもっと成長した姿を見せれるよう頑張っていきます。
応援、よろしくお願いします。

バレーボール部 春の高校バレー県予選会出場

10月31日〜11月1日にかけて、春の高校バレー県予選会が池の川さくらアリーナにて開催されました。
結果は準決勝で敗退し、目標としていた2年ぶりの本大会出場はかないませんでした。3年生はこの大会が最後になりました。
今年度は他校と同じく休校が長く続き、思うように活動できませんでした。そのような状況でも、3年生を中心に前向きに目標を失わず、日々自分自身と向き合い、部活動に取り組みました。悔しさは残りますが、最後に大会ができて無事に終われたことが今年度の3年生のとっては一番大切なことかなと感じました。
保護者、卒業生、学校関係者の方々、たくさんの応援ありがとうございました。
(ダンス部の皆さん、応援動画ありがとうございました。すごく力をもらいました)
新型コロナウイルスの感染防止のため、皆さんの前でプレーすることはできませんでしたが、支えて頂いた気持ちや思いを大切にして、プレーしました。あらためて、この一年はたくさんの人達の支えや協力があり、バレー部の活動ができていると再認識できた一年になりました。この負けた悔しさを忘れず、皆さんと喜びをわかちあえるよう日々の練習から精進していきたいと思います。

バレーボール部 活動報告

バレーボール部のOGである鈴木先輩が教育実習生として来てくださいました。部活にも毎日来てくれて、ボール出しや色々なアドバイスやアイデアを頂きました。短い間でしたが先輩と一緒にバレーができてとても嬉しかったです。
インターハイが中止となり、3年生にとって最後の大会が1つ減ってしまった今、春高バレーに向けて気持ちを新たに練習に取り組んでいます。一日一日の積み重ねを大切にして、全国の舞台で活躍するために、キャプテンてしてチームの一体感・団結力を高めていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

バレーボール部 茨城県新人大会に出場しました

2月1日〜2日、茨城県新人大会が開催されました。
チーム一丸となって戦いましたが、決勝で敗れ2位という悔しい結果でした。チームとしては失点に関わるプレーの質が悪いことが目立ちました。ミスに対するチームの意識を変えていく必要があります。また、個々の力を伸ばし、これが自分の勝負できる武器だというものを持つこと。この2点にバレーボールの一番大事な部分のレシーブを鍛えて、次の大会に向けて日々の練習に精進していきます。
新チームが始動してから2ヶ月、引退した3年生が朝練から来てくれて毎日サポートをしてくれました。最高の結果で恩返しできませんでしたが、本当に助かりました。ありがとうございました。
また、たくさんの応援で選手に力を与えてくれた保護者・OGを中心とした皆様、ありがとうございました。
この悔しさをバネに、まずは茨城で開催される全国総体に向けて強化を図りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

バレーボール部 春の高校バレー茨城県予選会の結果報告

11月12日~13日、春の高校バレー第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会茨城県予選会が開催されました。
結果は残念ながら、準決勝で敗退となりました。まずは目標としていた2年連続の出場は叶いませんでした。
3年生はこの大会が最後となりました。練習したことが出せた部分とそうでなかった部分がそれぞれあると思います。全員が揃って練習できた時期が短い中でも最後は最上級生らしくまとまって頼もしい姿がみれました。この三年間での成長を感じました。今後、バレーを続ける者、続けない者にわかれますが、大成バレー部で経験したことや自分自身が様々なことに挑戦・努力したことに自信と誇りを持って歩み続けてほしいと思います。
大会期間中はたくさんの方々が応援に来てくれました。ありがとうございました。改めて私たちが勝つための環境を整えてくれている父母会、校長先生をはじめとする学校関係者の皆様、どんな時でも応援してくれる卒業生などたくさんの支えがあって活動が成り立っていることに感謝します。決勝に進んで全校応援の前でプレーし勝って皆さんと喜びを分かち合うことを目指しましたが、力不足でした。来年度は後輩達がこの悔しさを忘れず練習に励んでくれるでしょう。新チーム、この敗退を糧にして頑張ります。応援よろしくお願いします。