バスケットボール部 夏季ジュニア大会優勝!!

令和元年8月21日(水)は大成女子高等学校会場、8月22日(木)は笠間市民運動公園体育館にて、水戸地区夏季ジュニア大会が行われました。3年生が引退し、1・2年生にとっては初めての大会です。
1日目の予選リーグは、8分2クォーターで勝敗を決めます。水戸第二高校・那珂高校・水戸農業高校・水戸第一高校と戦い、3勝1敗のBブロック2位で決勝トーナメントへ進出しました。
2日目は、8分4クォーターを1試合とし、Aブロック1位の水城高校と準決勝を行いました。66−49で勝利し、決勝戦へ進みました。
決勝は、予選リーグで負けている水戸第二高校と対戦です。選手はリベンジの気持ちで戦いました。互いに譲らない時間帯が続きましたが、最後までリングに向かいシュートを打ち続け、70−65で勝利することができました。
結果、優勝することができました。
大成女子高等学校のバスケットボール部は、1・2年生で9名しかいません。
夏休みに行われた校内合宿では、日本女子体育大学の学生や3年生、卒業生も集まり、少ない部員と一緒に練習をして頂きました。
部の目標は、県大会上位になり、関東大会に出場することです。その通過点である夏季ジュニア大会で優勝したことは、自信につながり、苦しい練習に耐えた賜物だと思います。
夏休みの練習やこの大会を通し、私たちはたくさんの方に助けられてバスケができていると、改めて感じることができました。
「怪我人が多くて、練習にならないから来てくれないか?」と連絡すると、すぐに集まって練習に付き合ってくれる3年生。審判に来てくれて、差し入れを持ってきてくれる卒業生。大きな声で応援してくれる保護者の皆様。OGの保護者の皆様。たくさんの方の想いを繋いでこれからも努力し,結果を出して恩返ししていきたいと思います。
今後とも大成女子高校バスケットボール部の応援をよろしくお願いします。
応援ありがとうございました。
常笑大成!!

バスケットボール部 令和元年度関東高等学校バスケットボール大会茨城県予選会 ベスト8!

令和元年度関東高等学校バスケットボール大会茨城県予選会が,5月10日(金)〜12日(日)まで,アダストリアみとアリーナ,リリーアリーナMITO,水戸市総合運動公園体育館で行われました。
今年度は,女子の関東大会が茨城県で行われるため,4チームが関東大会に進むことができます。3年生は4チームいけることを1年生の時から目標にし,努力してきました。
1回戦は危なげなく勝利し,2回戦はベスト8をかけて,水戸第三高等学校と戦いました。一進一退の戦いでしたが,72ー70で勝利することができ,大成女子高等学校は15年ぶりに県大会ベスト8になることができました。
準々決勝は優勝候補の明秀日立学園高等学校です。最後まで食らいつきましたが,残念ながら負けてしまいました。結果は,県7位です。
6月中旬には総合体育大会(インターハイ茨城県予選)があり,3年生にとっては最後の大会になります。
小学生からバスケットボールを続け,ほとんどの選手が高校の部活で選手としては引退します。今まで選手たちに携わってくれた方々に感謝し,自分のバスケットボール人生の集大成をぶつけられるよう,残りの時間を大切にしていきます。
そして,県大会ベスト4を目標に必ずベスト8に残り,10月に行われる全国高校選手権大会に出場できるよう頑張ります。
大会に足を運んでくださった,保護者の皆様,OG,中学校・小学校の方々。本当にありがとうございます。大成らしいバスケットができるよう,笑顔で頑張ります。これからも応援よろしくお願い致します。

バスケットボール部 第28回大成杯 桜川市立岩瀬西中学校が優勝!!

4月30日(火)と5月1日(水)に「第28回水戸市近隣中学校バスケットボール大会 大成杯」が大成女子高校の体育館で行われました。
参加していただいた中学校は12チームで,1日目は4つのグループで予選を行い,2日目に1位・2位・3位のグループで優勝決定戦を行いました。
優勝は桜川市立岩瀬西中学校バスケットボール部です。おめでとうございます!
各チームとも1ヶ月後の総合体育大会に向けて熱い戦いを繰り広げていました。大きな怪我もなく,大会が終了できたことを嬉しく思います。
ゴールデンウィーク中の大会に参加してくださった中学校・顧問の先生・保護者の皆様に感謝いたします。

<結果>
第一位:桜川市立岩瀬西中学校
第二位:東海村立東海中学校
第三位:水戸市立水戸第二中学校
第四位:大洗町立第一中学校

<参加中学校 ありがとうございました(敬称略・順不同)>
・水戸市立第二中学校
・水戸市立第四中学校
・水戸市立第五中学校
・水戸市立見川中学校
・ひたちなか市立勝田第一中学校
・ひたちなか市立勝田第二中学校
・東海村立東海中学校
・那珂市立第二中学校
・大洗町立第一中学校
・石岡市立府中中学校
・小美玉市立小川南中学校
・桜川市立岩瀬西中学校

バスケットボール部 第4回行方杯準優勝!!

平成30年度第4回行方杯高等学校バスケットボール大会が2月2日(土)〜3日(日)に茨城県立麻生高校で行われました。
この大会は行方市が主催する大会で、毎年各県の強豪校が集まる大会です。大成女子高校は第1回目からお呼びいただいており、第2回大会では優勝しています。
昨年度は決勝リーグに進出することができず悔しい思いをしました。今年は先日行われた新人戦の反省を改善し、優勝を目指して練習してきました。
1日目の1試合目は危なげなく勝利し、2試合目は福島のチームと戦いました。相手はフィジカルがとても強く、苦戦しました。しかし、ラスト5秒にフリースローで逆転し勝利。2勝をあげ決勝リーグへ勝ち進みました。
2日目の準決勝は、毎年夏休みに強化合宿を一緒に行なっている麻生高校との戦いです。夏休みには敵わなかった相手ですが、75−62で勝利することができ決勝へ!
決勝は埼玉県の久喜高校です。3ピリオド目に大成が9点をリードする場面もありましたが、相手シューターにスリーポイントシュートを連続で決められ、最終スコアは71−72で負けました。一点差でした。
優勝することが出来ずに悔しい結果となりましたが、最後まで諦めず戦い抜きました。この経験を生かし、今後も目標を必ず達成するために努力していきます。
応援よろしくお願いします。常笑!大成!!

バスケットボール部 新人戦 県ベスト16

平成30度第29回関東高等学校バスケットボール新人大会茨城県予選会が1月12日(土)〜1月20日(日)まで行われました。
大成女子高校はベスト8決めで、前回大会県ベスト4のチームと戦いました。
試合の中盤に点差を離される時間帯もありましたが、粘り強く最後まで気持ちを切らさずに戦い抜きました。しかし、惜しくも4点差で敗戦しました。
チームとして今回の大会で強く感じたことは、試合終盤のシュート率の悪さです。そして、最後まで熱い声援を送ってくれる保護者の皆様、毎回会場に足を運んでくれる卒業生や選手を励まして声をかけてくれる方々が「一緒に戦ってくれているんだ」ということです。ありがとうございます。心から感謝申し上げます。
手が届きそうで届かなかった高い壁をチーム全員で乗り越えられるように、この悔しさをバネに今後更に飛躍していきたいと思います。
たくさんの方々に応援されるチームになれるよう、常に笑顔でバスケットを本気で楽しみます。
今後も応援をよろしくお願いします。常笑!大成!!