家政科2年キャリアデザインB「日本の衣食文化の魅力 風呂敷講座」

5月6日(木)に2年家政科キャリアデザインBの授業で「日本の衣食文化の魅力 風呂敷講座」を実施しました。講師は風呂敷専門店「ふろしきや」の倉田稔之先生です。
昔は各家庭に必ずあったという風呂敷ですが、現代の高校生にとっては非常に珍しいものに感じるようでした。実際に包んだり、手に取ったりするうちに、「かわいい」「使ってみたい」という声が聞こえてきました。昔ながらの日本の文化ではありますが、進化した新しい文化として風呂敷が受け入れられる日が来るのかもしれません。

家政科「高校生デザインコンテスト2021」で入賞!

学校法人水野学園専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ主催「高校生デザインコンテスト2021」において、家政科の2年生が入賞しました。

<シューズ部門>
正直、入選できると思っていなかったので驚きました。初めて自分のデザイン画で結果を残すことができ、とても嬉しかったです。

これからも、たくさんのコンテストに挑戦していきたいと思います。

<ウォッチ部門>
自分がデザインしてものが賞をいただきとても嬉しく思います。

コンテストに参加して、デザインをすることの楽しさを感じることができました。

学校法人水野学園専門学校 ヒコ・みづのジュエリーカレッジHP(結果発表)

キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド考案「Wこんにゃく釜めし」掲載されました!

キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド考案「Wこんにゃく釜めし」
3月1日発売です!茨城新聞・東京新聞に掲載されました!
茨城新聞

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16137215201093

東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/article/88204?rct=ibaraki

NEWSつくばに掲載されました!
https://newstsukuba.jp/30294/17/03/

「Wこんにゃく釜めし」は2合炊き用1パック入り、税抜き770円。
◯土浦駅前の小松屋食品株式会社の店舗およびオンラインショップ

◯水戸駅構内の「常磐・水郡 MADE STATION」
◯大子町池田の「道の駅奥久慈だいご」
で販売されています。

看護科2年 日本赤十字救急法短期講習受講

3月9日、看護科2年生が日本赤十字茨城支部より救急法の指導員の先生をお招きして、救急法の短期講習を行いました。感染対策を行いながら、心肺蘇生とA E Dの使用方法を学び、傷病者を発見した時の声かけの仕方や、胸骨圧迫の方法などを体験しました。

「傷病者を発見した時は、まず周りに危険なものがないか、自分の身を守れるか、協力してくれそうな人はいるかなどを確認することで安全に的確に救命措置が取れることを学びました。」
「救命の連鎖で命を繋げられるよう、胸骨圧迫や人工呼吸をする。最後まで諦めない。傷病者が蘇生できるように一次救命処置を行う。」
「救急法を実際に行ってみて感じたことは、強く、早く、絶え間なく、という3つのポイントがとても大切だということです。講師の方に続いて声を出しながら一連の流れを何回か行っていましたが、考えていたよりも早くて、驚いた反面、それがとても大切なことだと思いました。実際にやってみないと分からないのだと実感しました。 また、どんなに急いでいても冷静さを欠くことなく、「指差し呼称」を持って「確認を確実なものにする」ことがとても重要なのだとわかりました。」
「人に頼む時には相手の目を見て、指をささず礼儀を守ってお願いする。初めに行うことは周囲の状況確認、その後に傷病者の状態を確認する。救助を順番的に行うことで相手も自分も安全に救助を行うことができる。」