家政科3年 アダストリアの衣料品回収活動を行いました!

家政科3年の生活環境論の授業の中で、アダストリアの「Play Cycle!」(衣料品回収活動)を行いました。
6月21日から7月12日まで、校内において衣料品回収キャンペーンを行い、たくさんの衣料品が集まりました。7月14日にアダストリアの方にご来校いただき衣料品の分別、梱包作業を一緒に行いました。
分別・梱包されたダウン製品・その他の衣類は業者に発送し原料として再生化され、集められた子供服はアダストリアの子供服・ベビー服のレンタルシェアリングサービスで再利用されます。

「アダストリアの『Play Cycle!』に参加し、実際に衣料品回収活動の呼びかけから分別・梱包作業を行い、ファッションロスの現状やリサイクルの仕方などたくさんのことを知ることができました。今後も引き続き、『3R』を意識して行動していきたいと思いました。」

「七夕 バルーンリリース」に参加しました!

ホテルレイクビュー水戸で7月10日に「七夕 バルーンリリース」が行われ、看護科の2年生9名、1年生21名が参加しました。
ホテルのチャペルガーデンで、医療従事者対する感謝やコロナの終息への願いを書いた短冊を付けて、青空に向かって62個のバルーンを飛ばしました。

家政科2年キャリアデザインB「ユニクロ 届けよう服のチカラプロジェクト」講義

7月18日(木)に家政科のキャリアデザインBの授業で、毎年実施しております「ユニクロ 服のチカラプロジェクト」の出張講義を行いました。今回は水戸元吉田店の店長さんと姫子店の社員の方にお越しいただき、服にはどのようなチカラがあるのかをSDGsに絡めながらご講義いただきました。秋には近隣の保育園にご協力いただき、子供服の回収作業を実施する予定です。回収した衣服は難民へと寄付されます。

「難民の約半分は18歳未満の子供たちと聞いて驚きました。日本にも難民は来ていると聞いて、助けてあげたいと思いました。今までは、着ない服は友人にあげたり、リサイクルショップに持っていったりしていましたが、難民の手助けになるのであれば、寄付したり、洋服を集めたりしたいと思いました。」

笠間市と地域デザイン2年生 商品開発プロジェクトスタート!

笠間市と地域デザインフィールド2年生が連携して行う、市の特産品を生かした商品開発プロジェクトが7月7日スタートしました。授業「キャリアデザインⅡB」地域デザインフィールド2年生23名は、まず市役所を訪れ、山口伸樹市長と懇談。そのあと市内6カ所を訪れ、フィールドワークを行いました。笠間市道の駅整備推進課のみなさま、事業所のみなさま、ありがとうございました。

今回お世話になった事業所様は以下の通りです。(順不同)
磯蔵酒造 様
小田喜商店 様
きらら館・森の石窯パン屋さん 様
ナガタフーズ 様
根本製菓株式会社 様

穂垂ル里山農場 様
—————————————–
7月7日の地域デザインフィールド2年生のフィールドワークは、茨城新聞で紹介されました。https://youtu.be/6ph2gucVZTQ

その他、東京新聞・NHKいば6でも取り上げられました。

家政科2年キャリアデザインB「心と体に潤いを!魅力の日本茶」

6月19日(土)キャリアデザインBの授業では、日本茶インストラクターでいらっしゃる山田啓子先生を迎え、日本茶の魅力について講演いただきました。実際に2種類の茶葉を用意いただき、お茶の淹れ方や味や香りの違いも確かめることができました。
「お茶は美味しいだけでなく、身体にもよく、風邪予防にもなるということがわかりました。2種類のお茶を飲み比べると、甘味や苦味に違いがあり、自分の好みのお茶を見つけたいと思いました。家でも習ったようにお茶を入れ、家族に振る舞いたいと思います。」