普通科キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド「フィールドワーク」に行ってきました!

普通科キャリアデザインⅡB地域デザインフィールド2年生は、お土産品について学ぶため、9月4日に水戸駅ビルエクセルみなみ内の「味撰倶楽部」「プラム水戸」へフィールドワークへ行ってきました。商品開発に取り組む前に、まずは商品について探究します。お店のこだわりや商品について伺い、たくさん質問にも答えていただきました。2年生はいよいよ商品開発に取り組みます。みなさん、楽しみにしていてくださいね!

普通科キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド「凍みこんにゃくの未来を考えるアイデア発表会」

7月10日(金)、3年生地域デザインフィールド選択者が「凍みこんにゃく」の新商品アイデア発表会を行いました。昨年度3月に実施する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により臨時休業となったため、開催が延期されておりました。
発表会に向けて、生徒たちは休業中もZoomやTeamsなどで話し合いを重ね、自分たちのアイデアをブラッシュアップさせたり、オンライン上でプレゼンテーション 資料を作成したりと、着実に準備を進めてまいりました。
今回発表されたアイデアの中から商品化を進めて行くことになります。

どんな商品ができるか、どうぞご期待ください!

「凍みこんにゃく」は、全国でも茨城県奥久慈地方でのみ生産される、大変貴重な食材です。詳しくは以下のURLをご覧ください。
https://www.k-kurita.co.jp/about/

普通科キャリアデザインホスピタリティフィールド「アロマ教室2」

6月19日(金)、普通科キャリアデザインホスピタリティフィールドの3年生は、アロマ和太鼓セラピスト・田口優子氏をお招きし「アロマ教室」2回目が行われました。
今回は、「人間の脳のしくみと働き」や「嗅覚のしくみ」についてのお話がありました。また、「アロマエッセンスオイルと香水の違い」などもわかりやすく説明してくださいました。5つのアロマオイルから自分の好きな香りを選び、可愛いい薔薇の花の容器で自分専用のキッドを作りました。最後に先生が演奏する「篠笛」を聞きながら、自分で選んだ好きなアロマの香りを脳まで届けるイメージでアロマヒーリングを体験しました。前回に続き、とても素敵な時間でした。次回も楽しみです。

「香水やアロマの違いについて初めて知ることができました。香水が石油でできていることにビックリです。私の好きな香りはティーツリーのような森や木の香りでした。今日はリラックスすることや香りの素晴らしさを知れて本当に良かったです。今持っている自分の夢に向けて、香りでリラックスしながら着実に叶えていきたいです。」

「受験生として悩むことが多く爆発しそうな状態でした、この授業で助けてもらいました。ものすごく疲れていた私は『オレンジの香り』が自分にあっていたようです。先生が篠笛を演奏してくださり、その音楽とオレンジの香りで体がリラックスでき、涙があふれそうでした。先生が言っていた『嬉しいこと・やりたいこと』をノートに書いて夢を確実に達成していこうと思います。」

サクラサクライフ 7月号に掲載されました!

キャリアデザインの授業の1つ、地域デザインフィールドの卒業生が2年かけて開発し、2月27日発表した「梅こしょう」をサクラサクライフ 7月号でご紹介いただきました!今回は地域デザインフィールドの授業や学校の様子も取材いただきました。
ぜひご覧ください。

普通科キャリアデザインホスピタリティフィールド「アロマ教室1」

5月29日(金)、普通科キャリアデザインホスピタリティフィールドの3年生は、アロマ和太鼓セラピスト・田口優子氏をお招きし「アロマ教室」1回目が行われました。
講座では、先生ご自身の人生で「良かったことベスト3」として、実はとても辛かった経験や、そのことがきっかけで前向きな考え方に至っている様子を具体的に紹介してくださいました。後半は、アロマオイルの成分や効果とハンドマッサージの方法を実践しました。素敵な女性としての生き方を学ぶいい機会になっています。アロマ教室は、ことあと3回実施される予定です。

「以前からアロマテラピーに興味があり実際に活用していました。今回資格を持っている先生に詳しく教えていただくことができ、とても嬉しかったです。今日もらったアロマオイルを使い家族にもマッサージをしてあげたいと思いました。」

「田口先生のお話を聞き、私には『大変な人生だった』と感じましたが、それらを『よかったこと』としてポジティブに考えている先生をとても尊敬できます。私も先生のように何事にも『チャレンジ精神』を持って前向きに生活していきたいです。」