卓球部 全日本選手権に出場! 平野美宇選手を撃破!

Photo: Itaru Chiba
Photo: Itaru Chiba

1月13日(月)から、大阪府の丸善インテックアリーナ(大阪市中央体育館)で行われた、全日本卓球選手権大会に、出澤と小林莉の2名が出場しました。
出澤・小林のダブルスは、2回戦を突破するも、3回戦で大阪代表の香ヶ丘リベルテ高のペアに敗れる結果になりました。
ジュニア女子シングルスに出場した小林莉は、1回戦で福島代表の選手、2回戦では静岡代表の選手と対戦し、どちらも3-0で快勝することができました。続く3回戦では、大阪代表の四天王寺高の選手と対戦しました。シード選手相手に積極的に戦いましたが、力及ばすに、0-3で敗れる結果となりました。
昨年度チャンピオンとしてジュニア女子シングルスに出場した出澤は、負けられないプレッシャーの中で試合に臨みましたが、4回戦で大阪代表の四天王寺高の選手に敗れ、大変残念な結果となりました。
一般の部では、気持ちを切り替えて試合に臨み、4回戦で広島代表の中国電力の選手を撃破し、ベスト16入りをかけて、平野美宇選手することとなりました。東京オリンピック内定の平野選手に臆することなく戦いを挑んだ出澤は、4-1で平野選手に競り勝ち、2年連続でベスト16のランク入りを果たすことができました。ジュニアでは悔しい結果となりましたが、一般の部で快挙を成し遂げる嬉しい結果となりました。
全日本という大舞台に向けて、選手たちは必死に努力を続けてきました。目標としてきた大きな大会は終わりましたが、これからも試合は続きます。今後も努力を忘れず、日々進化できるように頑張りたいと思います。
応援に来てくださった保護者や関係者のみなさま、ありがとうございました。

https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2020/01/008845.html

http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=196&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=61