普通科キャリアデザインホスピタリティフィールド「アロマ教室2」

6月19日(金)、普通科キャリアデザインホスピタリティフィールドの3年生は、アロマ和太鼓セラピスト・田口優子氏をお招きし「アロマ教室」2回目が行われました。
今回は、「人間の脳のしくみと働き」や「嗅覚のしくみ」についてのお話がありました。また、「アロマエッセンスオイルと香水の違い」などもわかりやすく説明してくださいました。5つのアロマオイルから自分の好きな香りを選び、可愛いい薔薇の花の容器で自分専用のキッドを作りました。最後に先生が演奏する「篠笛」を聞きながら、自分で選んだ好きなアロマの香りを脳まで届けるイメージでアロマヒーリングを体験しました。前回に続き、とても素敵な時間でした。次回も楽しみです。

「香水やアロマの違いについて初めて知ることができました。香水が石油でできていることにビックリです。私の好きな香りはティーツリーのような森や木の香りでした。今日はリラックスすることや香りの素晴らしさを知れて本当に良かったです。今持っている自分の夢に向けて、香りでリラックスしながら着実に叶えていきたいです。」

「受験生として悩むことが多く爆発しそうな状態でした、この授業で助けてもらいました。ものすごく疲れていた私は『オレンジの香り』が自分にあっていたようです。先生が篠笛を演奏してくださり、その音楽とオレンジの香りで体がリラックスでき、涙があふれそうでした。先生が言っていた『嬉しいこと・やりたいこと』をノートに書いて夢を確実に達成していこうと思います。」