看護科2年 感染症対策医療従事者応援金への寄付を行いました!

 

9月に行われた撫子祭のクラス企画の中で、看護科2年は、来場していただいた方に募金をお願いしました。
新型コロナウィルス感染症への対応のため、最前線で奮闘する医師や看護師が疲弊し、また心ない人たちからの差別や偏見で苦しんでいるという現状を知り、看護職を目指して学ぶものとして、何か協力ができないかということを話し合った結果、今回の募金のアイディアとなりました。
自らポスターを作り、来場者に趣旨を説明して募金を募ったところ、来場していただいたみなさまに14,432円のご協力をいただき、先日、茨城県新型コロナウイルス感染症対策医療従事者応援金として寄付させていただきました。また、その際、生徒たちの気持ちをメッセージとして、寄付と共に送りました。
クラスの生徒それぞれが、新型コロナウィルス感染が蔓延する現状を憂い、医療職に携わる方々へ感謝の気持ちを持っています。日々の学習は大変ですが、看護師の卵たちの心は着実に育っています。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

コメントを残す