小笠原流礼法 教職員研修会を開催しました

IMG_2575IMG_2611

 8月11日(火)13時00分から16時00分、大成女子高等学校礼法室において、小笠原流礼法教職員研修会を開催しました。講師は、弓馬術礼法小笠原流31世宗家小笠原清忠様のご長男、小笠原清基先生です。

本学園では、1909年の創立当初より小笠原流礼法を教育の根幹としてきました。6年前の2009年、学園創立100周年の年に改めて教職員一同で小笠原流礼法を学ぶ機会を設け、宗家に何度もご来校のうえ直接ご指導をいただきました。今回は、その後新たに加わった教職員を中心に、自学だけでは難しい内容をご指導いただきました。実際の動きで注意する点や、常に機能的であり、かつ相手への思いやりが基本であることなど、形にとらわれがちな私たちに改めて気づきを与えてくださいました。

小笠原清基先生、この度はお仕事の休暇を取られ水戸までご来校いただき、貴重な時間を割いてご指導くださいまして、ありがとうございました。

学生生徒園児の模範であり続けられるよう、教職員一同、今後も精進努力してまいります。

コメントを残す