普通科キャリアデザインⅡB保育幼児教育フィールド「卒業制作」

キャリアデザインⅡB(保育幼児教育フィールド) 3年生が卒業制作を行いました。今年度のテーマはちぎり絵です。折り紙や画用紙、英字新聞などを用いて、各自で自画像を作りました。作品は、それぞれの生徒の特徴をよく捉えており、完成度の高いものに仕上がりました。
3学期に校内に展示しますので、在校生の皆さんもよく見て下さい。

普通科キャリアデザインⅡB 地域デザインフィールド「大子町 寄附贈呈式」出席

12月14日(月)普通科3年地域デザインフィールドの生徒4名が、大子町寄附贈呈式に出席しました。
地域デザインフィールドでは、大子町の事業所の方々にご協力いただき、茨城の特産品を使った商品開発を進めてまいりました。今回の寄附は、日頃授業でお世話になっている大子町の皆様に、少しでも恩返しができればという思いから実現したものです。わずかばかりではありますが、昨年度の台風被害やコロナ禍で影響を受けている観光業などの活性化にお役立ていただければと思います。
当日は高梨町長にも出席いただき、感謝と復興への願いを直接お伝えすることができました。

外国語科コロキウム「ワールドキャラバン」

10月26日(月)普通科1年生、2年生を対象に「ワールドキャラバン」を実施しました。「ワールドキャラバン」は県内在住の外国人の方に、それぞれの国の文化や伝統などについて講義をいただくイベントです。

今回は、ポーランド、中国、インドネシアの方々にお越しいただきました。

「今回の講義ではポーランドの四季、街並み、食文化、言語、お金、民族、祭儀について学びました。講義を受ける前はどこに位置しているのかも分かりませんでしたが、知れば知るほどポーランドの魅力に引き込まれていきました。その中でも特に驚いたこと、興味を持ったことが幾つかあります。まずは、主食と一日に食べる回数の日本との違いです。主食がパンという事は何となく想像できましたが、加えてジャガイモもあるそうです。『毎日飽きないのですか』という質問に、山口先生はニョッキやパンケーキ等のアレンジメニューを教えて下さいました。是非食べてみたいと思いました! ポーランドでは一日4、5食を摂るらしいです。そうなると率直に学校生活のリズムも日本とは違うだろうし、食費がかかったり、片づけが大変だろうなと思いました。ポーランドの衣装のデザインはとても可愛く、バッグや靴などにあの鮮やかな色と美しい柄を施したらとても素敵だと思いました🎶今回の講義を聴いて、大人になったら旅行で是非行ってみたいと思いました。ポーランドに限らず、自分からいろいろな国の文化に触れて行きたいと思います。」

家政科・看護科1年キャリアデザイン「盲導犬ユーザーから学ぶ」

9月5日(土)キャリアデザインの授業は、盲導犬ユーザーの浅見清さんといばらき盲導犬協会の斉藤つぎさんをお迎えし、共に生きるをテーマに盲導犬について学びました。

「盲導犬以外にも介助犬や聴導犬がいることを知りました。今まで思っていた以上に盲導犬の凄さが分かりました。電車の中などでは盲導犬ユーザーの人の足の後ろに入り、人の邪魔にならないようにしたり、ユーザーの人が安全に歩けるように、自分の目線外にも気を配れたりと本当にすごいと思いました。また、目隠しして歩いたことで、目の見えない状態出歩く怖さや不安を知りました。もし、困っている人がいたら、声をかけられるようにしたいです。」

普通科キャリアデザインⅡBアート表現フィールド「オリジナルデザインノート」完成!

2年生のアート表現フィールド選択者は、マスキングテープ、オリジナルキャラクターなどのデザインを考えるところから始めたノートが完成しました。
様々なデザイン系の仕事で使われているパソコンソフト『Illustrator』の使い方を学びなから作成しました。
初めて使うIllustratorの操作に四苦八苦しつつも、自分で考えたデザインが形になり、できたばかりのノートをとても嬉しそうに見ていました。
早速、ノートには次の授業から作成を始めるアニメーション用のキャラクターの原案を描いていました。