小笠原流のドキュメンタリー番組が放映されます

P1020001

年明け1月2日(木)夜9時~BS Japanにて、小笠原流のドキュメンタリー番組「流鏑馬に生きる 武士の矜持 小笠原流850年の伝統」が放送されます。
本校は創立当初より、主に小笠原流礼法に則って指導を行っております。本校職員は創立100周年を機に、31世宗家の小笠原清忠先生、ならびに宗家嫡男の小笠原清基先生に、直々にご指導をいただいております。

この番組は、小笠原流について理解を深めるのに大変役立つと思われます。
この機会に、皆様ぜひご覧ください。

BS Japanの番組紹介より( http://www.bs-j.co.jp/official/yabusame/ )

昭和21年度卒業生 6名来校

3月27日、昭和21年大成高等女学校卒業の大先輩が、本校を訪問してくださいました。
御年84歳の元気な先輩方が、なんと6名も揃ってのご来校でした。

6名中4名の方が東京と千葉からのご来水でしたが、皆さん賑やかに元気に、3階までの階段を上り下りされながら、新校舎を見学されました。途中、春休み中も練習のために登校していた吹奏楽部の生徒達に会われると
「あら、かわいいわね~、こんな制服なのね~」
と朗らかに声をかけられ、しばし談笑の時間となりました。

新しい礼法室をご覧になり、ご自身の女学生だった時の礼法の授業を思い出され、当時の様子をお話しいただきました。掲げられた額に記されている校訓は、現在は 『誠実  協和  勤勉』 ですが、当時は、校歌も校訓も 『誠実  質素  勤勉』 でした。そのことを懐かしそうに話され、校歌も歌っていらっしゃいました。

また、新校舎入口に展示してある歴代の制服をご覧になり、
「私たちのセーラー服は、衿にまで3本線があって、こんなに寂しくなかったわよ!」
という声も...。新事実です!やはり当時のことは、写真を見るだけでなく当時の生徒さんに聞いてみて初めてわかることが、たくさんあります。

次の同窓会は、ぜひ学校に集まっていただき、皆様のお話をたくさんお聞かせください!とお願いしました。

これから更に数人の同窓生も加わり、皆様でお昼ご飯を召し上がるということで、冷たい雨の日でしたが、元気に水戸の街に出て行かれました。

ご来校、ありがとうございました。またぜひいらしてください。お待ちしております。

入学式を実施しました

IMG_0652IMG_0661IMG_0670

4月8日、「平成25年度入学式」を実施しました。
普通科・家政科・看護科あわせて230名の新入生をお迎えしました。
本校創立時から授業に取り入れられている「小笠原流礼法」の茨城県同門会会長猪野嘉久様、後援会会長様、父母の会会長様よりご祝辞をいただきました。

小笠原流礼法 特別講座を実施しました

10月12・17・19日に、礼法を学んでいる1年生全クラスと家政科3年生が、小笠原流弓馬術礼法茨城県同門会会長の猪野嘉久先生を迎えて、小笠原流特別講座を実施しました。「礼儀作法の基本指導」の中で、礼とこころの大切さを学びました。
また、弓馬術を行う時に着装する装束なども拝見することが出来、とても有意義な時間を過ごしました。