Happy Halloween!

10月30日、家政科ファッションデザインコースの2年生14名は、茨城大学教育学部有志の皆さん主催のハロウィンパーティーに参加しました。
一人ひとりの個性が光る作品の完成。
欧米の伝統的行事を楽しく理解することができました。

アルベトレッペ食堂 常陸大宮市長へごあいさつ

10月28日、アルベトレッペ食堂学生チームを代表して、3年4組の飯島佳奈さん、横須賀江莉奈さんが、食材を提供してくれる常陸大宮市長さんにごあいさつをしました。
本番で提供するメニューを紹介したほか、常陸大宮市の特産物であるしいたけ、自然薯、蕎麦を食材として使用し、常陸大宮市のPRも兼ねていることを伝えました。

2年生 ハワイ研修旅行に行ってきました

2年生は10月20日から25日までの4泊6日の行程で、ハワイ研修旅行(修学旅行)に行ってきました。
普通科の希望者は現地でホームステイをしたり、家政科の生徒はハワイアンフードの調理実習をしたり、看護科の生徒は現地の病院でアメリカの看護のスタイルを見学したりと、将来のための勉強もしっかり行いました。

全日本きもの装いコンテスト世界大会出場決定

10月23日、3年4組の太田明子さん、飛田有里紗さん、萩沼真由さんの3人が、さいたま市文化センターで開催された「全日本きもの装いコンテスト関東大会」学校対抗の部で3位入賞を果たし、平成24年4月8日にNHKホールで開催される、世界大会への出場権を獲得しました。

特別授業ベイシス 「共に生きる」

10月4日(火)
1年家政科・看護科のベイシスでは、元茨城県立盲学校の浅見清先生と盲導犬バジル君、ローリー基金(東日本盲導犬協会支援ボランティア)の斉藤つぎさんをお招きし、「共に生きる」をテーマに授業をして頂きました。
浅見さんは「視覚障害者の方が困っていたら一声かけてほしい」とおっしゃっていました。
また、浅見さんはマラソンにもたくさん参加されています。
障害の有無など関係なく、周囲の協力があれば何でもできるんだと教わりました。
盲導犬バジル君との強い絆と皆で支え合うことの大切さを感じたすてきな授業でした。