特別授業ベイシス 「共に生きる」

10月4日(火)
1年家政科・看護科のベイシスでは、元茨城県立盲学校の浅見清先生と盲導犬バジル君、ローリー基金(東日本盲導犬協会支援ボランティア)の斉藤つぎさんをお招きし、「共に生きる」をテーマに授業をして頂きました。
浅見さんは「視覚障害者の方が困っていたら一声かけてほしい」とおっしゃっていました。
また、浅見さんはマラソンにもたくさん参加されています。
障害の有無など関係なく、周囲の協力があれば何でもできるんだと教わりました。
盲導犬バジル君との強い絆と皆で支え合うことの大切さを感じたすてきな授業でした。