特別授業コロキウム 「医療・福祉」

12月17日の特別授業コロキウムのテーマは 「医療・福祉」です。
Aグループは日本社会事業大学の平野先生、Bグループは国際医療福祉大学の野村先生、Cグループは大原簿記法律専門学校の高野先生、Dグループは 健康科学大学の赤澤先生の講義でした。
将来、この分野に進みたい人がたくさんいるため、みんな楽しみにしていました。
そして、国際医療福祉大学の野村先生は大成女子高の卒業生だそうです!
みんなびっくりしました。野村先生には
だんのらしをあわせにする」
のが福祉だと教わり、福祉に対するイメージも変わりました!

特別授業コロキウム 「災害・防災」

11月19日(土)
「災害・防災」をテーマに2年生でコロキウムが行われました。

キャリアデザインための特別授業「コロキウム」。
Aグループは東北学院大学の宮城 豊彦先生による「防災は地域作り~GIS・フィールドワークと地域防災~」、Bグループは跡見学園女子大学 小川 功先生による「“砂上の楼閣?”巨大テーマパークに依存した浦安の光と影-震災復興と地域再生を観光史から考える-」、Cグループは国際医療福祉専門学校 の渡部恵香先生による「救命のシゴト」、Dグループは新潟医療福祉大学の星 孝先生による「災害時の避難所でのボランティア活動に望まれるもの」をテーマに授業をして頂きました。
3.11東日本大震災の後だけに、皆、真剣そのものでした。

特別授業コロキウム 「日本文化について」

10月15日の1年「コロキウム」Dグループ(看護科)は、川村学園女子大学の高橋裕子(ゆうこ)先生を講師に「日本の風土と暦」について学習しました。
四季の区別がある日本は、衣食住のバリエーションが豊富で、文化の継承や発展などの面で、とても豊かな環境であることを再認識しました。
四季の風物や暦を意識して生活に取り入れたり、コミュニケーションツールのひとつとして「折り紙」に取り組んだりしたことは、看護師を目指すうえでも、非常に参考になりました。