ひよこ組 自由遊び −パート2−

な〜んにもないけど、楽しいね!

ちょっと空いた時間にテラスに出て気分転換。子どもたちは、広々としたテラスでのびのび自由に動き回ったり、探索し冒険しています!さて今日はどんな発見ができたかな?

テラスの端から「よーい!どん!」
何か見つけた?
お友達が何か見つけて駆け寄ってきました!
落ち葉を見つけたよ!何の形に見えるかな?

ひよこ組のお友達!走ったり、投げたり、跳んだりと全身を使って自由に動けるようになってくることで、さらに好奇心が旺盛になってくる時期でもあるでしょう。さらに身近にあるものや人への興味関心が増すことによって、「これってなんだろう」「どんなものかのかな?」と、触る、掴むといった指先を使った動きを楽しむ姿が見られるようになり、何にもないテラスでも全身を動かしたり探索し全力で楽しむ姿が見られます!

ひよこ組 自由遊び −パート1−

紙袋お化けだぞ〜!

ーお部屋にてー

令和2年 7月

子どもたちは、毎日の遊びの中でいろいろなことを学んでいます。いたずらにしか見えない遊びもワクワクし試行錯誤しながらも、十分に遊ぶことでさらに好奇心が刺激され、自分の可能性、主体性を身につけることができています。今日は、紙袋など使って遊びました!

「ここにつけるんだよ!」冠、頭に載せるものだとちゃんとわかってます!
「どうぞ♪貸してあげる〜♪」いつもは、妹だけど、園では優しいお姉さんしています!
僕たち二人でどんなお化けを作ろうか作戦会議!!
ミノムシお化けに変身〜!
何をお話ししているのかな?二人とも女子力高めです♪
クシャクシャお化けと睨めっこ!さあ、どっちが勝つかな?

日々めざましく成長していくこの時期、ハイハイから一人立ち、歩き始めと行動範囲もどんどん広がります。まだまだ出来ないことも多いけれど、どんなことにも好奇心満々な子どもたち!園では、発達に合わせた遊びを取り入れています。一緒に遊ぶことによって楽しみながらお子さんの心と体の発達がわかりますので是非おすすめです。

今日の給食は?

みんな大好き!

唐揚げ!

ただ今の時間は、もうすぐ12時です。調理室からいいにおいがただよってきました。今日はみんなが大好きな唐揚げです!園児の食べっぷりを見てみましょう。

一番最初に食べ始める、ひよこ組さん。
「はい!あ〜ん♪」
自分でフォークが持てるよ!
ご飯大好きだね〜
今日のメインの唐揚げは
一番最初に食べました!
好きなものは一番初めにかな?
こちらは野菜に挑戦!
今日の野菜はトマトにおくらの夏野菜ですよ
1歳児のりす組さん、ランチョンマットの上で食べています。
みんなもう少しで完食だね!
うさぎ組さんは、みんな唐揚げがない!?
「おいしーよ〜!」みんなご機嫌です。
よかった!お野菜もがんばろう!
隣のこあら組さんから、お歌が聞こえてきました。
「みーんなそろってごあいさつ〜♩いただきます!」
「から揚げ大好きなの!」
先生もこども園のから揚げ大好きだよ☆
「ぱんだ組さーん!今日の給食はおいしかったかな?」
「は〜い!!」

給食の時間のこども園は、とてもいいにおいに包まれています。ひよこ組さんからぞう組さんまで一緒に同じものを食べています。

栄養をたくさん取れるように、1人で食べれれるように、全部食べられるように、毎日調理室のスタッフは考えています。安心安全な給食の他に、おいしくなあれの魔法をかけて、毎日の給食は作られます。

今日もいいにおいの食卓で、朝昼晩の3食「いただきます!」みんなで言いましょう!

短冊に願いを込めて

願い事かないますように・・・

令和2年度 7月

皆さん七夕の由来についてはよく耳にしますが、願い事を書いてつるしているものの、誰が願い事をかなえてくれるのか考えたことがある人は少ないのでは?お願い事と言うと「○○できるようになりますように」などと書くことが多いですよね。でも、そのために努力するのは自分。つまり、織姫にお願いをするけれども、それを実現するのは自分ということ。子どもたちにそんな言葉かけができたらすてきですね。

自分だけの、カラフルですてきな短冊が出来上がりそう!
「私の願い事見つけた!」「あ!僕のこれ!」みんな自分の短冊が見つかったかな?
飾り付けが終わったら、見てよし!触ってよし!楽しみ方も様々です。

みんなの願い事!この笑顔と一緒に届くかな!

七夕については、発祥や願い事など深い意味がありますが、子どもたちに分かりやすいように説明してあげると興味がさらに深まるはず。どんな願い事を書こうか、家族みんなで話し合うのも楽しいひとときですよね。すてきな七夕の日にしてくださいね。

たてわり保育・冒険へ出発!

何の実かな?

 縦割り保育 2020年 6月

今月から縦割り保育が始まりました。3歳以上児さんたちが、クラスごとに3つのグループに分かれ、ぞう・きりん・ぱんだ・こあら組合同で、グループごとに活動します。今日は小学校散策です!園児たちの様子を見てみましょう。

どんな冒険が待っているかワクワクするね♪
あ!何か発見したよ
冒険の入り口発見!!
どこまで続くんだろう!ワクワクするね!
「そこ穴空いてるから気をつけて」年長さんが優しく声をかけます。
こども園の帰り道、みんなすっかり仲良くなりましたね!

今日のお散歩ではどんな発見があったかな?最初の写真は、冒険の入り口で見つけた木の実です。この実は何の木の実だろうとふと顔をあげる先生と子どもたち。早速園に帰って調べてみました。

答えは・・・

プラタナス”です。

鈴のような実をつけることから、別名スズカケノキといます。
一般的にはまとめてスズカケノキと呼ばれますが、日本にはスズカケノキ・アメリカスズカケノキ・モミジバスズカケノキの3種があるそうです。
小学校の木は、樹皮や葉の特徴からモミジバスズカケノキのようです。

プラタナスの名は、大きく幅広な葉の特徴からギリシア語のPlatys(広い)に由来し、和名のスズカケノキは、果実が山伏の着る篠懸(すずかけ)に付いている房に似ていることからつけられました。
古代ギリシア哲学者たちが、プラタナスの木陰で弟子に講義をしていたことから「学問の木」とも呼ばれ、学校に多く植えられるようになったそうです。

みんなも小学校に行ったら、プラタナスの木を見つけてみてね!