なわとび大会!

たくさん飛んでメダルをもらおう!

2021年1月

今日はどんより曇り空ですが、「きょうのなわとびたいかい がんばる!」「メダルもらう!」登園してきたぞう・きりん組は気合い十分です。朝の体操が終わり、なわとび大会が近づいてきました。園児たちは少し緊張している様子です。みんな頑張って!

園長先生よりなわとび大会の開催が告げられます!
次は、ぞう組さんによる「かけ足とび」です!
いなだこども園の心臓破りの坂で行います!
くだり坂!すごいスピードで迫ってきます!
折り返しののぼり坂!最後まで頑張って!
坂道ダッシュ!
参加者全員に園長先生からメダルをもらいました!みんなうれしそう!

園児たちは、なわとびの練習が大好きです。とべるようになったお友達を見て、「自分もとびたい!」とお友達の真似をしたり、先生に教えてもらったりして、少しずつ回数を増やしていきました。

なわとびは、数を数えながら飛ぶので、自然と数を覚えるようになります。毎日の練習で体力もついていきますね。なわとびの練習だけなく、なわとび大会をして順位をつけることで、緊張感も生まれました。終わった後のほっとした笑顔にも現れていましたね。

ぞう・きりん組さんのなわとび大会を応援していた、ぱんだ・こあら組さんも大会に出たい!と言ってくれました。頑張った園児たちをご家庭でもたくさん褒めてあげてください。

豆まき

鬼は外!福は内!

2021年2月

今年の節分は1897(明治30)年以来124年ぶりに2月2日になりました。園では自分たちで作ったお面をつけて、鬼の登場を待ちます。ぞう組さんは自前の鬼のこん棒も用意して、やる気マンマンです!

りす組さん、お部屋で豆まきします。「ふくはーうち おにはーそと!」
うさぎ組さんにはテラスもお願いしました!遠くまで飛ばします!
ぞう組さん気合い十分です!「鬼をやっつけるぞー!」福も呼んでね!!
鬼が来た!びっくりして小さい園児は泣いてしまいました!
ぱんだ・こあら組さん、涙を堪えて、豆をまきます!頑張ってます!
さあ、お兄さんたちの出番です!小さいお友達を守りにいきます!
最後は園長先生が鬼を退治してくれました!
うさぎ組さんかわいい袋を作ったね!かきもちが入ってます!
ボーロも年の数+1つ食べましょう!
お部屋に入って、鏡餅で作ったかきもちとお豆(小さい子はボーロ)を食べます。
「おいしい!いちごもあるよ!」頑張ったからご褒美だね!
今日は誕生会もあったので、ケーキは鬼さんのケーキでした!
2021年 大成学園いなだこども園 節分!

節分も無事に終わりました!たくさん走って鬼を追いかけた園児たち。給食のごちそうにびっくりしていました。いなだこども園内も園児たちの活躍で福がいっぱいです。ぜひおうちでも豆まきの様子を聞いてみてくださいね!

ぞうさん特別教室②ジャム作り教室

真っ赤なジャムができました!

       2021年1月

今日はぞう組さんのテラスから、甘くてとてもいい匂いがしてきます。園児たちは三角巾とエプロンに身を包み、ジャム作り教室の準備をしています。ちょっとのぞいてみましょう!

農家さんよりジャム用のイチゴが届きました!売り場にはない形もあります!
身支度・手洗い・消毒全て済みました!
今日の講師は用務員の金子さんにお願いしました!
一人ずつイチゴが配られました。
「イチゴのヘタを指で挟んで、とりましょう」
上手に取れています!ヘタが残るとジャムの中で
黒く残ってしまうので、きれいにとりましょう!
どんどんむいていきます!たくさんのいちごジャムができますね!
お手伝いしてくれたお礼に園長先生から、大きいイチゴをもらいました!
「あまーい!」「もう1個食べたい!」園児たちは大喜びです!

アクを取った後は、イチゴのシロップでいちごミルクを作りました。

「甘くておいしい!」ほんもののいちごミルクだよ!
グツグツ煮込んで、出来上がり!お家で食べてね!

料理教室は、園児たちがとても楽しみにしている行事の一つです。ポップコーン作り・スコーン作りと行ってきましたが、園児たちはエプロンや三角巾を準備する段階からワクワクしています。料理は、材料・道具を用意し、作り方を覚え、味付けし、洗い物・片付けなど、たくさんの工程があります。お手伝いをすると、子どもは今自分は何をしたらいいのか、次は何を使うのか考えます。自分で考えて行動する練習にもなりますね。おうちでも、お休みの日やご家族がそろっているときなど、簡単なお手伝いをお願いしてみてくださいね。

ぞう組さん特別教室①陶芸教室

笠間焼:焼き物教室体験

講師 奥田製陶所さん

卒園を控えたぞう組さんはこども園での思い出として特別教室をおこないます。今日はその第1弾の陶芸教室、講師は笠間市にある奥田製陶所さんにお願いしました。どんな作品ができるかな?

まず先生から、てひねりのやり方を教えてもらいます。
お皿・お椀・コップの中で、自分の作りたいものを選びます。
お皿の人はたたいて平に。おわんの人は丸にして真ん中をへこませます。
コップの人は、粘土を半分にしましょう。
コップとお皿を作るのかな?先生の手順通り、進められていますね。
どんな作品になるのかな?
細く棒状にした粘土をくっつけて、おわんの深さを出します。粘土の感触も気持ちいいね!
丸いお皿、四角いお皿、自分で考えた形に、きれいにできているね!
世界に一つだけの器ができました!完成が楽しみです。

勢ぞろいした作品を見て、園児たちはとってもうれしそうでした。これから奥田製陶所さんにお願いして、乾燥した後、素焼し、うわぐすりをかけて本焼します。どんな形になって、どんな色になるか楽しみですね!次の特別教室はお料理教室です。楽しみにしててくださいね。

凧!たこ!上がれ!

たこ上げで寒さを吹き飛ばそう!

2021年1月 たこあげ大会

園児たちは、自分で好きな絵をかいてたこを作り、たこあげの練習をしていました。いよいよたこあげ大会です。今日は雲ひとつ無い青空、風も心地よく吹いています。たこ上がるかな〜!

たこの紹介です!1歳児さんもたこを作りました!
やわらかいビニール袋でできています。
うさぎ組さんのたこは、色とりどりの長いしっぽをつけています。
空に泳ぐ姿を見たいですね。
ぱんだ・こあら組さんのたこは、ビニール袋をむすんで空気が入るようにしました。
他のたこより描ける面が広いので、たくさん絵を書いてくれました!
きりん組さんのたこは、スズランテープのしっぽをつけました!
運動会でカイトを踊ったカラーガードの色ですね!
ぞう組さんのたこは、園長先生主導のもと、本格的に和紙と竹ヒゴで作りました!
きっと高く飛んでくれるでしょう。
1歳児さんたち、一生懸命走っています!
うさぎ組さん、きれいなテープが風になびいていますね!
ぱんだ・こあら組さんのたこは、空気をいっぱいとりこんで、ふくらんでいますね!

たこあげは、昔から冬の時期によく行われている遊びです。近年は道路に電線があったり、広い場所がなく、なかなかできなくなってきましたが、いなだこども園の周りには、たこあげができるところがまだまだあります。お正月のお休みにおうちでたこあげをしたお話を聞かせてくれた園児もたくさんいました。周りに安全に行う場所が無いときは、ぜひ広い公園などでたこあげしてみてくださいね。