秋の遠足〜笠間芸術の森公園〜

お弁当を持って、秋を探しに行こう!

2020年10月22日

大成学園いなだこども園がある笠間市は、自然がとても多く、素敵な公園がたくさんあります。今年のきりん組さんから1歳児さんの遠足は、大型バスに乗って笠間芸術の森公園に秋を探しにいきました。きれいな葉っぱや虫探しなど、本日はその様子をご紹介していきます!

 到着してすぐに、落ち葉拾い!形や色、匂いをかいでいる園児もいますね!
りす組・ひよこ組1歳児さんはシャボン玉遊びをしています!
大きなシャボン玉を追いかけます!キラキラ光ってとてもきれいですね!
ハラハラ落ちてくる葉っぱに気づきました!木のゴツゴツした皮も触ってみよう!
いよいよお弁当の時間になりました、身を乗り出してお弁当を取り出します!
かわいいおにぎりが出てきました!食べるのがもったいない!
最後にみんなでパチリ!楽しかったね!

今回秋の晴れ間を利用して、春に延期となっていた遠足を行いました。大型バスに乗り、開放的な屋外で、色々な秋を発見し、思いっきり体を動かした後、おいしいお弁当をいただきました。保護者の皆様、ご理解・ご協力ありがとうございました。

体育教室・体育課外教室はじまりました!

体を動かすのって楽しいね!

  2020年6月8日

今日は月曜日、体操教室の日です。昨年度は、毎週月曜日に保育教諭が運動遊びを行っていましたが、本年度より、より専門性のある教育・保育活動にするため、子ども体育研究所の専門講師による体操教室が始まりました。さあのぞいてみましょう!

安全に楽しくスタート!いなだこども園担当は染谷先生です!
きちんとお話も聞けていますね。
足踏みだけでこの笑顔!
お天気が良いので、
ぞう組さんは、戸外で行いました!
頭の上のコーンを落とさないように!
飛行機を作るよ〜バランス!
午後からは希望者による課外教室「体育クラブ」です!
みんなとっても良い姿勢!
のぞいてみて!どんな風に見えるかな〜?
もしもーし!足電話!届くかな?

こども体育研究所より 〜いま大切なこと〜

園児たちは、少し緊張しながらも、笑顔いっぱいに体を動かしていました。子ども体育研究所はあらゆる運動を通じて、幼児期に必要な全ての動きを経験していきます。園児の運動機能は無限大。子どもたちの運動機能は環境によって無限大に伸びていきます。満足感を得て自信を深めて行けるよう、とにかく楽しく、思いっきり体操教室を行っていきます!

焼き芋会!熱々でホクホク

お芋がやけた石焼き芋!

朝からいい匂いがしている、いなだこども園です。園長先生や小松崎先生は、朝のお出迎えを切り上げて、今日は畑のカマドで、石焼き芋を焼いてくれています。みんなで掘ったたくさんのお芋が、各クラスでアルミホイルに包まれ、準備されました。早く食べたい石焼き芋!

大中小のたくさんのお芋!小さいものも丁寧に包みました!
お芋の匂いに誘われて、うさぎさんが遊びにきてくれました。
さあ!石焼き芋の完成です!矢萩先生に食べ方を教わります!
うさぎ組さん!ゆっくり少しづつ!おいしいね!
さつまいも畑で焼き芋パーティーが始まりました!
皮をむく子、そのまま食べる子それぞれです!
アルミホイル食べないように気をつけてね!
ぞう組さんも、お当番さんの掛け声で、パーティーの始まりです!
真っ黄色のさつまいも!湯気が出ておいしそうでした!

今年のさつまいもは、もう召し上がっていただけましたか?蒸しても、天ぷらにしても、おみそ汁にしてもいいですね!ぜひ、ご家庭で甘い園児達のお芋を一緒に召し上がってください。自分たちで育て、収穫し、食べることは、一番の食育になります。園児たちに保護者の方々の「おいしい!」の一言をかけてあげてくださいね!

秋の小遠足

笠間市芸術の森公園へ 〜2019年10月30日〜

秋梅雨の合間に、秋の小遠足に行ってきました。お弁当をリュックに詰めて、宝物を入れるビニール袋を持って、大成学園のバスに乗って出発します!ひよこ組さんもお散歩に行きましょう!

 バスが到着しました!きりん組さん行ってらっしゃい!
さあ、森の小道を探検します!
何か見つけたら、袋に入れてね!
藤井先生が謎の四角い物体を発見!?なんだろう?
ゴジラの背中!?うさぎ組さんすごいの見つけました!
ぱんだ組さんはUFO!?を見つけた?!
何を捕まえたの?葉っぱかな?虫かな?
堀内先生頑張ってます!楽しそうだね!
走ったり、寝転んだり、思い思いに楽しみます!
いよいよお弁当の時間です!
おいしそう〜残さず食べようね!
男の子たちは、早くもお菓子タイムです!
あれっ?同じお菓子?人気だね!
みんなまだかな?りす組・ひよこ組さん
待ちくたびれちゃうかな?
もうすぐ帰ってくるからね!

出発時は、肌寒い曇り空でしたが、お日様がさしてポカポカ天気になりました。秋の小遠足は、普段のお散歩コースと違う道を通り、集団行動のルールを確認しながら秋の自然を楽しむ行事です。保護者の皆様と行き慣れた公園でも、順番を守り、先生の話を聞き、時間を分けて行動する遠足では、違う風景になると思います。帰ってきた子どもたちは、みんなすぐ夢の中へ・・・楽しかったね!

栗を食べよう!

秋の味覚の試食会 〜焼き栗〜

先日拾った山栗を、今日は園庭で焼き栗にします。よく洗って、割れ目を入れて、釜に入れます。さあ自分たちで拾った豊かな秋の山栗はどんな味かな?

石を敷き詰めて、栗を並べます!
辺りには甘〜い、栗の匂いが広がります。
ぽっくり、ほっこり、たくさんの焼き栗ができました!
次は、アルミホイルで包んで焼いてみよう!上手に包めるかな?
さあ!食べてみよう!りす組さんは先生がホジホジ
うさぎ組さんは自分でホジホジ・・・
ぱんだ組さん、きれいにむけたね!パクッ!
「先生!中にぎっしり詰まってるよ!」ほんとだね!
みんな時間が許す限り、
じっくりじっくり丁寧に向いていました。
ぞう組さん静かでしたよ〜!

やまぐり(山栗)は、山野に生える小さな木という意味からシバクリ(柴栗)とも言います。市販の栗と比較するとその大きさは約3分の1程度です。
 山栗は、なかなか手に入りにくいので、食する機会は少ないですが、味と甘味は抜群です。園児たちもおかわりをして食べていました。園児たちは栗の木を毎日よく見ています。栗は笠間市の名産地でもありますので、栗の木の成長を観察してみてくださいね。