十五夜

秋の恵みに感謝して〜    2020年10月1日

今日は十五夜です。いなだこども園の玄関にも、15個の丸いお団子、ススキやコスモスなどの秋の草花、秋に収穫された里芋などの野菜や果物が並びました。もちろんいなだこども園でみんなで拾った栗も並びます。みんなで秋の恵みに感謝しましょう!

十五夜の会が終わっても、園児たちはなかなかお月様のお供えから離れません。
「おもちおいしそう・・・」「このオレンジのはなあに?」この珍しい野菜は、園長先生のおうちに生えたターキッシュオレンジナスだよ!
「おはながきれい!」「ススキはしってるよ」秋の七草はしってる?ハギ・キキョウ ・クズ・フジバカマ ・ オミナエシ ・ オバナ・ナデシコ です!オバナはススキのことだよ!
どんどん近づいてきます!「おいも!」「おいも!」もうすぐ芋掘りだよ!楽しみだね☆こんなに大きいサツマイモが収穫できるといいね!
お団子いくつある?「う〜ん」「したにもある」うさぎ組さんが数えています。もうすぐお昼寝の時間になるよ?みんな行事が大好きだね!
 ポッカリとお月様が浮かんできました。中秋の名月です。18時ごろはとても大きく見えました。

今年の十五夜は、よく晴れてとてもきれいなお月様でした。暑い夏が終わり秋が来ると、どんどん空が高くなり、空気が澄んで雲も夜空もきれいに見えます。ぜひお散歩しながら空を見上げて見てくださいね。今月は29日に十三夜もあります。栗名月にちなんでいなだこども園でも10月に焼き栗会を行います。楽しみにしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA