稲見先生によるおもしろミニ理科教室♪

⇦⇦⇦花托から果托になりました!

 今回は、ひよこ組担任でお花の先生でもある稲見先生がおもしろミニ理科教室を開いてくれました!稲見先生は、蓮の花の水揚げが蓮シャワーのヒントになり、吸い上げた水が葉から出てくるのを発見!それを見て非常に感動したので、こども園のお友達にも見てもらいたいとミニ理科教室を開いてくれました!蓮の茎の断面を見せてもらったり、茎から水を吸い上げる様子を見せてもらいました。「蓮の葉をシャワーにするには、ちょっとした工夫が必要です。葉を通る葉脈は、葉の端まで通っているものの、次第に細くなり、端に行き着く前に閉じてしまいます。そのため、葉の周りをぐるっと一周ハサミで切ると蓮の葉の先端から放射線に水が噴き出るシャワーが出来上がるんだよ!」と教えてもらいました。みんな何が起きるのかと目をキラキラさせ吸い上げた水が蓮の葉から出てくると「わ〜!シャワーみた〜い!」「すご〜い!」と大歓声でした♬ 目で見て触って、とっても分かりやすく楽しく蓮の不思議を学ぶことができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA