お餅つき

令和最初のお餅つき!

2019年12月12日

園児たちの元気な掛け声とともに、いなだこども園のお餅つきが始まりました。お天気も良く、12月とも思えない暖かい日になりました。おいしいお餅と立派な鏡餅を作りましょう!

ひよこ組さんたちが不思議そうに
見つめる目線の先には石臼があります。
稲野辺先生が、お餅つきの説明をしてくれました。
「好きなお餅はなんですか?」
うさぎ組さんも杵を持ってつきます!重いかな?
さあ!きりん組さんしっかりつきましょう!
「よいしょー!」「よいしょー!」
みんなで「よいしょ!」「先生はねたー!」力強いぞう組さん!
蒸したご飯をみんなでついて
こんなにのびーるお餅になりました!
園長先生がささっと鏡餅にしてくれます!
大きな鏡餅になりそうです””
今度は先生たちの出番です!
園児たちのお餅を交代でつきます!
出来上がったお餅は、細かくちぎって
きな粉もちに!おいしそう!
「パクリ!」ぱんだ組さんのお口に入りました!
「先生甘い!」「おいしいよ!」
きりん組さんの元へもお餅が届き始めました!
みんなお口を開けて待っています!
「ぞう組さーん!お腹いっぱいかな?」「はーい!」
先生の問いかけに、この笑顔!よかったね!

田んぼで稲を育てて、お米を作って生活してきた日本人にとって、お米はとても重要な食べ物です。だからこそ、特別な日に特別な食べ物としてお餅をつきます。お餅は、つけばつくほど粘りが出るので、食べる事で、体力が付くと言われています。

お餅つきで園児がついたお餅を鏡餅にして、感謝とともに神様にお供えしたいと思います!

良いお年をお迎えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA