【重要なお知らせ】オンライン オープンキャンパス 開催中! 詳しく見る

「ファッションデザインコンテスト2014」 で4人入賞!!

attachment01

家政科ファッションデザインコース2年の色川綾乃さん、鈴木結衣さん、髙橋里菜さん、新島由子さんが、宇都宮アート&スポーツ専門学校主催「ファッションデザインコンテスト2014」のデザイン画部門で入賞、9月7日に行われた最終審査会に参加しました。

人間の思うこと
色川綾乃さん  タイトル:『人間の思うこと』
人間の心の中を表現しようと思いこのデザイン画を描きました。
人間の内側に秘めている部分を黒で表し、いろいろな感情をカラフルでキラキラしたもので表しました。
体の表面にペイントで描かれている線は人間の心の壊れやすさを表しています。
コシノジュンコ先生に直接アドバイスをいただくことができたり、グランプリをとった作品を間近で見ることができたりと、普段体験することができない素晴らしい体験をすることができ、とてもうれしかったです。
このような貴重な体験を今後につなげていきたいと思います!!

直線
鈴木結衣さん  タイトル:『直線』
このデザイン画を描きはじめる時、ただ普段着るような服ではなくファッションショーをイメージした奇抜な服を描きたいと思い考えついたのが、すべて直線で表すということです。
描いているうちに浮かんできたコンセプトは「近未来の日本」です。
私がイメージする近未来は、ほとんどがデシタル化しているというものです。
なので模様を機械的にしてみたり、今より人同士の繋がり、人間のあたたかさが薄れると思ったので、冷たいイメージの区とで着色しました。
始まる前までは、リラックスできていましたが、リハーサルで他の人の作品を見たり、実際にステージに上がると緊張してしまいました。
本番では、スピーチを読む時に少し手が震えてしまいました。
入選はできませんでしたが、とても良い経験ができました。

自由を求める蝶と蜘蛛
髙橋里菜さん  タイトル:『自由を求める蝶と蜘蛛』
この作品は、自由を象徴としたデザイン画にしようと思い描きました。
今の人生を必死に生き、自由をつかむこと。そんな私たちを見捨てないでほしい。
新たな命の誕生を喜ぶなど、人それぞれ様々な角度から視点がおけます。
入選は、出来なかったですが、コシノジュンコ先生本人からのお言葉と本をいただくことができました。
今回の審査で自分に足りないことやこれからやらないといけないことが見えました。
もっと、他人にとらわれず自分の意思をつらぬきこれからも頑張りたいと思いました。

人間
新島由子さん  タイトル:『人間』
数字だらけの人の一生をテストの○×で表現しています。
アイディアが全然浮かばなく、一苦労でした。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次