【重要なお知らせ】オンライン オープンキャンパス 開催中! 詳しく見る

家政科・看護科1年キャリアデザイン「共に生きる〜盲導犬ユーザーから学ぶ」

P1040917P1040913P1040905

6月21日(火)にキャリアデザインの授業で、全国盲導犬協会から齋藤先生、中野先生、真崎先生と盲導犬のトーマス君に来ていただき、講話をいた だきました。

「今回の授業を受けて身体障がい者の方の苦労や盲導犬のことについて深く理解することができました。また、これに伴い、盲導犬と接するときのマナーを学ぶこともできたと思います。目に見えない人にとって盲導犬という存在の大切さがとてもよく分かりました。これから街中で困っている人を見かけたら少しでも 助けになれるようにしたいと思います。」 K.I

「盲導犬はあくまで人間が主体だと知りました。盲導犬になるにはとてもたくさんのことを教える訓練をして、はじめて盲導犬になるということも知りました。 また、身体障害者補助犬法がありますが、今でも視覚障がい者のかたが盲導犬と一緒にお店に入れないところもあることを学びなした。目の見えない人が困って いた時には自分から積極的に助けてあげようと思いました。」 A.S

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次