【重要なお知らせ】オンライン オープンキャンパス 開催中! 詳しく見る

専攻科看護科2年 ケースレポート発表会

11月10日、専攻科看護科2年生の集大成ともいえる、ケースレポート発表会が開催されました。
これまで実習で出会った患者さまに対して、自分が行った看護展開を客観的にまとめ分析的に評価することにより看護に対する理解を深め、今後の看護に対する考察が出来るようになることを目的として、毎年この時期に実施しています。今年は、入れ替えをしながら看護科1年生から専攻科看護科1年生に聴講してもらうことができました。
4月から準備が始まり、9月の統合実習が終了してから本格的に取り組んできました。担当教員からの個別指導を繰り返しながら、自分達の納得いくレポートになるまで毎日遅くまで学校に残って頑張りました。
発表では皆堂々と前を向いて、発表することができました。

「今回、実習での関わりを振り返りケースレポートをまとめる中で、学習を深めることや新たな発見につながることが多くありました。今回のレポートは、実際の看護研究の初期段階の一部に過ぎませんが、今までの経過や発表を経験させていただけたことを大切にし、自身の学びと共に活かすことができるようにしたいと思います。」

これが終わると、いよいよ2月の看護師国家試験です。専攻科看護科2年生、最後まで頑張り抜いてください!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次