【重要なお知らせ】オープンキャンパス日程 詳しく見る

表現文化学科

表現文化学科とは

皆さんが将来社会人として生活していくには、さまざまな人と接することが求められます。この際「ことばの丁寧さ」が求められたり、「接遇の質」が求められたり、「知識の豊かさ」が求められたりします。
表現文化学科ではこれらを言語文化、身体表現、資格取得という3つのフィールドに分けて学びます。

資格習得フィールド

1.ことばの表現力を育てる

「簡潔で正しいことば」を使いこなし、社会で活躍できるよう、本学科では「読む」「書く」「話す」「聞く」と、各分野に特化した授業を展開し「ことば」の基礎を固め、社会で役立つコミュニケーション能力を育てます。

身体表現フィールド

2.身体を使った表現方法を学ぶ

身体のすべてを表現のツールとした創作について学ぶます。自己表現方法のひとつとして、全身を使って自分の考え伝える表現力を演劇活動を通じて磨きます。
また、「地域文化論」などの授業を通して、自分の世界観を豊かにし、自己表現力を高めます。

言語文化フィールド

3.自分の進路に合った資格を取得する

卒業後すぐに社会人としてスタートできるように専門職としてのスキルを身につけます。自分に合った資格取得を目指すことにより、一般企業はもちろん、公共図書館、医療機関、公務員など幅広い分野で活躍することができます。

カリキュラム

1年次で「読む」「書く」「話す」といった基礎を固めます。「表現入門」などの科目では、演劇などの基礎トレーニングを体験。2年次ではゼミや卒業研修を通して総合的な表現能力を養い、幅広い分野で活躍できる人材を育てます。

進路

一般企業はもちろん、専門性をいかすことで公立図書館、医療機関や、公務員などを目指すこともできます。
4 年制大学への編入も可能です。

主な進路

図書館医療機関事務系全般営業販売
公務員金融機関福祉関係大学編入

取得可能な資格

図書館司書図書貸出や読書案内など、図書館で働くために必要な国家資格。
上級秘書士(N)ビジネスの幅広い知識が求められる資格。一般事務でも役立ちます。
メディカル秘書医療機関などで活躍するために求められ、ニーズの高い人気の資格。
プレゼンテーション実務士

在学生の声

専門分野を中心に、幅広く知識を得られるのが魅力です

「メディカル秘書」の資格取得に向けて学びながら、ほかの専門学校では得られない知識を身につけたいと思い、入学を決めました。「秘書実務」という授業で秘書としての立ち居振舞いや敬語を教わり、とても実践的だったので将来きっと役に立つと思います。これからも常に向上心を持って勉強に専念し、事務系の仕事に就きたいです。

在学生の声

専門分野を中心に、幅広く知識を得られるのが魅力です

「メディカル秘書」の資格取得に向けて学びながら、ほかの専門学校では得られない知識を身につけたいと思い、入学を決めました。「秘書実務」という授業で秘書としての立ち居振舞いや敬語を教わり、とても実践的だったので将来きっと役に立つと思います。これからも常に向上心を持って勉強に専念し、事務系の仕事に就きたいです。