小野孝尚学長先生が「長塚節文学賞」(短編小説部門)の審査員を委嘱されました

長塚節文学賞は、茨城県常総市出身の歌人で作家としても知られている長塚節(ながつかたかし)を広く顕彰するため、短編小説・短歌・俳句の3部門について作品を公募し、入選作品集の刊行などを通して、長塚節のふるさと常総の文化を全国に発信していこうとするものです。

長塚節文学賞は、1996年に創設されました。募集内容は、短編小説は一人1編まで、短歌は一人2首まで、俳句は一人2句までとし、いずれも自作、未発表作品に限られます。短編小説の場合は、400字原稿用紙21枚から50枚までとしています。短編小説部門では、大賞が1点選ばれ、賞金20万円や記念品などが贈られるほか、優秀賞や佳作なども選ばれます。短歌部門と俳句部門では、大賞が各1点選ばれ、記念品などが贈られるほか、優秀賞や佳作なども選ばれます。この度、小野学長先生が審査員を委嘱されました。学生の皆さんも応募されてはいかがでしょうか。

茨城県常総市・節のふるさと文化づくり協議会が主催し、事務局は茨城県常総市教育委員会生涯学習課となります。

長塚節肖像

コメントを残す