小笠原流礼法の歴史について特別講座を実施いたしました

P1040786

5月30日に、礼法を学んでいる1年生全員が、小笠原門人会理事長の猪野嘉久先生を迎えて、小笠原流礼法の歴史についての特別講座を実施いたしました。

「小笠原流礼法が、どのような礼法なのか改めて深く理解をすることが出来ました。礼法というものが、なぜ大切で重視されるのかということも学ぶことが出来ました。これからの礼法の授業を大切にし、一人の女性として上品に生きていくための作法を身につけたいと思いました。」
「鎌倉時代から続いている伝統ある礼法を学べることは、とても意味深いことなんだと思います。礼法を学ぶことで、たくさんのことを習得し、美しい立ち居振る舞いの出来る女性になりたいです。」

コメントを残す