【重要なお知らせ】オンライン オープンキャンパス 開催中! 詳しく見る

家政科

家政科とは

スペシャリストを目標に、自分らしさと個性を磨く。

学びのポイント

01
未来のフード・ファッションのスペシャリストを養成します。

02
家政分野の検定で1級を取得します。

03
社会と関わりながら、学んだ知識と技術を活用します。

学びのポイント

01
未来のフード・ファッションのスペシャリストを養成します。

02
家政分野の検定で1級を取得します。

03
社会と関わりながら、学んだ知識と技術を活用します。

“フード/ファッションの2コース制”

1年次に基本の技術を学んだ後、2年次からは希望で2つのコースに分かれます。
3年次の「課題研究」では、「調理」「被服」「保育」「手芸」の分野ごとに、より実践的な学びを展開します。

フードデザインコース

ファッションデザインコース

調理技術の習得だけでなく、食品学・栄養学的な実験や、地産地消を意識した献立作成、製菓実習など、食に関する幅広い授業を行います。

ドレス・ジャケットなどの製作を通して技術を身につけ、最終的にはオリジナルのデザイン画をパターン化し、縫製までを行います。

フードデザインコース

調理技術の習得だけでなく、食品学・栄養学的な実験や、地産地消を意識した献立作成、製菓実習など、食に関する幅広い授業を行います。

ファッションデザインコース

ドレス・ジャケットなどの製作を通して技術を身につけ、最終的にはオリジナルのデザイン画をパターン化し、縫製までを行います。

課題研究の授業

調理

シェフによる実技指導

旬の素材を生かしたメニュー

保育

市内保育園の0〜5歳児クラスでの実習

保育園のクリスマス飾り

被服

ファッションショーのプロデュース

ウェディングドレスやパーティードレスの製作

手芸

パッチワークによるランチョンマット作り

ブーケ、アクセサリーの製作

「資格取得講座」の授業で、校内外の先生からご指導いただくことで、食物調理技術検定、被服製作技術検定、保育技術検定など家政分野の検定で、誰もが1級を取得します。
また「C.H.E.(Challenge Home Ecconomics)部」は、部活動としてファッションやフードのコンテストに出場し、上位入賞を目指します。

自然環境が変化したり科学技術への信頼が揺らぐことで生活への不安が高まっています。そのような現代にあって、環境にやさしい行動をしたり安全や安心を得ることは、生活を営む上で絶対に必要なことです。
この授業では、専門家の方からお話を聞いたり、見学や体験実習を通して、私たちの暮らしをどのように守るべきかを考えます。

家政科専門科目では、現場で活躍しているプロの方も授業を担当しています。フードデザインコース3年「製菓研究」の授業を担当するのは中村光考先生。中村先生は、ひたちなか市の洋菓子店「Panier(パニエ)」のオーナーパティシエで、社会人講師として本校で授業を担当しています。

先輩の声

家政科での経験が、大きなアドバンテージになっています。

私はいま、高校の家政科の教員になることをめざして、大学で勉強に励んでいます。大成女子高校に入学したのは調理を勉強しながら、卓球部で頑張りたいと思ったから。2年次からは、フードデザインコースを選択しました。調理技術や、食に関する幅広い知識を身につけられたことが、いまとても役立っています。部活で関東大会に出場できたことも励みになっています。スポーツを頑張っている子や体調面で悩みがある子に、栄養指導を行える先生になりたいと考えているので、まずは管理栄養士の資格を取得したいです。